友達がいない!マッチングアプリの写真どうする?1人でもモテる写真が用意できる方法

友達がいない!マッチングアプリの写真どうする?1人でもモテる写真が用意できる方法

いざマッチングアプリを使ってみよう!と思い立っても、プロフィール写真をどう用意すればいいのか悩みますよね。

いいね!されやすいような他撮り写真は、友達がいないとなかなか難しいもの。

今回は、友達がいない人でも簡単にマッチングアプリの写真を用意する方法についてご紹介します!

坂下るい

1人で写真を用意する方法も解説しています♪

目次

「マッチングアプリの写真を撮る友達がいない」と悩む人は多い

マッチングアプリに登録して異性のプロフィールを見た際、友達と楽しげに写った写真が並んでいると「載せる写真がない!」と焦りますよね。

【よくあるプロフィール写真例】

友人との写真男性グループ

上記のような写真の利点は3つあります。

  1. ある程度の社交性があるとわかる
  2. 活動的に見える
  3. わざわざ自撮りをしたナルシスト感が出ない

しかし、友達と毎日遊べる環境の方ならともかく、社会人の方やバイトや学業に忙しい人は、友達と写った写真を用意するのは難しいでしょう。

実際にそんなお悩みを抱えている人は多く、あなただけではありません!

【よくある悩み】

【自撮りへの辛辣な意見】

友達と写っている写真は撮ることができませんが、友達と出かけた先で撮ったような写真友達に撮ってもらったような写真であれば、用意できますよ。

井川 友梨

次の章で、マッチングアプリの写真を撮ってくれる友達がいないときの対処法について詳しく解説していきますね!

マッチングアプリの写真を撮ってくれる友達がいないときの対処法

2つのスマートフォンとハートマーク

マッチングアプリで使う写真を撮ってくれる友達がいないときは、2つの方法で用意することができます。

  • 自分で撮影する
  • プロに依頼する

それぞれの方法について詳しくみながら、あなたに合っているのはどちらなのか確認してみましょう。

1. 自分で撮影する

1つ目は自分で撮影する方法です。

「え?自撮りってこと?」と思うかもしれませんが、違います。

マッチングアプリで自撮り写真を設定するのは、上級者でなければナルシスト感が出てしまうため、なかなか難しいもの。

そのため、他撮りのように撮影するのがポイントとなります。

カップを持ってほほえむ女性

印象のいい写真例

ひとりで他撮り風の写真を撮影するには、まず下記を準備しておきましょう。

準備しておくもの

  • セルフタイマー機能のついたスマートフォン
  • 加工アプリ(盛りすぎない)

あると便利なもの

  • リモートシャッター
  • 三脚
  • 照明器具

ちなみに、加工アプリは「SODA」「B612」「LINEcamera」といったアプリがおすすめです。

あまりにも加工感が強いアプリは印象ダウンに繋がってしまうのでおすすめしません。

また、スマートフォンにセルフタイマー機能がついていない場合、リモートシャッターがあれば自分のタイミングで離れたところから撮影することができます。

円形のリモートシャッター

リモートシャッター|ELECOM

100円ショップやAmazonで数百円で入手できますし、とても使えるアイテムなので買ってみるのも◎!

1人で写真を撮るときに注意するポイントは?

1人で他撮り風の写真を撮影するときは、つぎの6つのポイントに注意しましょう。

  1. 清潔感があるか(ひげ・眉毛・髪)
  2. 服装・メイクは派手すぎないか
  3. 暗い場所で撮影してしまっていないか
  4. 顔を隠してしまっていないか
  5. 真顔で撮影していないか
  6. 加工しすぎていないか

とくに清潔感は欠かせません。髪がボサッとしていたり、ひげが目立つような写真はNGです。

服装やメイクをナチュラルに抑えて、明るい場所で撮影するようにしましょう。

2. プロに依頼する

2つ目はプロのカメラマンに依頼する方法です。

「そこまでするのは恥ずかしい・・・」と思ってしまうかもしれませんが、意外と活用している方は多いです。

プロに依頼することで、友達がいない方でも簡単に他撮り写真を手に入れることができま

なかには、ヘアメイクやファッションコーディネートがセットになっているサービスも。

異性受けのいい写真を撮ってくれるので、多少お金をかけてもいいという方には最適です!

女性の横顔

プロの写真例
出典:出張撮影サービスPhotojoy

ここで、プロのカメラマンに撮ってもらえるおすすめのサービスを3つご紹介しておきます。

おすすめのサービス一覧

  • Photojoy
  • OurPhoto
  • マッチングフォト

各サービスのホームページから依頼することができます。

料金相場はプランにもよりますが、1回7,500円〜10,000円程度です。

1回の撮影で10枚ほど写真がもらえるので、1枚あたり750円となります。

坂下るい

しばらく使っていくことを考えたら、全然ありですね!

プロに依頼したときの流れは?

マッチングアプリのプロフィール写真をプロに撮ってもらうときの流れについて確認しておきましょう。

  1. 申し込み(予約リクエスト)
  2. 撮影日時の調整
  3. 撮影
  4. データの受取り

サービスやプランによっては、ヘアメイクやファッションコーディネートのあとに撮影となります。

15分以上遅刻した場合には自動キャンセルとなってしまうこともあるので、こういった点に注意しておくことも大切です。

自分で撮影orプロに依頼、どちらがいいの?

マッチングアプリのプロフィール写真を撮ってくれる友達がいない場合の対処法を2つご紹介しました。

ですが、どちらを選んだらよいのか分からない方が多いと思います。

自分で撮影する場合とプロに依頼する場合のメリット・デメリットをみていきましょう!

自分で撮影する

プロに依頼する

メリット

  • 無料でお金をかけずにできる
  • 自分のタイミングで撮ることができる
  • 手間がかからない
  • どこでも撮れる

メリット

  • 写りのいい写真を撮ってもらえる
  • メイクやファッションに自信がなくてもOK
  • マッチングアプリのアドバイスをもらえることも
  • マッチングしやすくなる

デメリット

  • 自撮り感が出てしまう可能性がある
  • 第三者目線で見れない
  • うまく撮れないことも

デメリット

  • お金がかかる
  • 手間がかかる
  • 場所が限られる
  • 日程を調整しなければならない

自分で撮影する場合の大きなメリットは、お金をかけずに自分のタイミングで撮れることです。

自由度がダントツで高い方法といえますね。

一方で、プロに依頼する場合の大きなメリットは写真のクオリティの高さにあります。

マッチングアプリにおいて写真はもっとも重要な要素なので、よい写真を設定すればマッチングしやすくなります。

このように両者には、それぞれのメリット・デメリットがあるわけです。自分にとってメリットが大きいと感じる方法を選択しましょう!

自分で撮影するのが合っている人
  • お金をかけたくない(お金がない学生など)
  • メイクやファッションに自信がある
  • 学生で恋活アプリを使おうと考えている
プロに依頼するのが合っている人
  • お金を多少かけてもいいと考えている
  • 写りのいい写真を撮りたい
  • 少しでもマッチング率を上げたい
  • メイクやファッションに自信がない

 

 

印象のいいプロフィール写真と悪いプロフィール写真の例

2つの電球

マッチングアプリで印象のいい写真と悪い写真の例をご紹介します。

とくに自分で撮影するという方にとって、印象のいい写真を撮るための参考になるでしょう。

印象のいいプロフィール写真例

  1. 表情が明るい
    笑顔でスマホを持っている女性
  2. 清潔感がある
    紅茶を片手に持ち窓の近くでたたずむ女性
  3. 明るい雰囲気
    笑顔で本を持っている女性
  4. 他撮りになっている
    カップを持ってほほえむ女性

印象の悪いプロフィール写真例

  1. 顔がまったく写っていない
    お花畑にいる後ろ姿の女性
  2. 真顔
    真顔の女性
  3. 雰囲気が暗い
    暗いところにいる女性
  4. 変顔
    変顔をしている女性
  5. 複数人で写っている
    複数人の女性が写っている写真
  6. 派手なメイク・ファッション
    派手めのメイクをしている女性
  7. 加工しすぎている
    snowで自撮りする女性

写真以外でマッチング率を上げる3つの方法

男女のイラスト

もし、マッチングアプリ登録後に上手くマッチングできなかったときのために、写真以外でマッチング率を上げる方法についてご紹介します。

全部で3つの方法があります。

自己紹介文を7つの要素で作り込む

マッチングアプリで写真のつぎに重要なのが「自己紹介文」です。

面倒だからと短文で済ませてしまっている方も多いですが、どんな人なのかが伝わらないためマッチングしにくくなってしまいます。

自己紹介文はつぎの7つの要素を含めて記述するようにしましょう。

  1. 大まかな居住地
  2. 仕事・職種
  3. アプリを利用している目的
  4. 伝えておくべきこと
  5. 趣味や好きなこと
  6. 自分の性格
  7. お相手と叶えたい未来

できれば自己紹介文は短すぎず長すぎず、300文字〜500文字程度でまとめるのがベストです!

実際にテンプレとして使える例文を知りたい方は、下記の記事を読んでみてくださいね。

プロフィール項目は必ず設定する

マッチングアプリには「恋愛・結婚について」「性格・趣味」などのプロフィール項目があります。

意外に見落としがちなポイントですが、こちらを埋めることで、よりあなたの人間性を伝えることができます。

つまり、いいね!されやすくなるのです。

マリッシュ 恋愛・結婚について

プロフィール項目の例

こちらはすべて設定するようにしておきましょう

自分に合っているアプリを使う【重要】

大前提として、マッチングアプリは自分に合っているものを選択することが重要です。

アプリによって利用している会員の年齢層や利用目的は異なります。

自分の年齢や利用目的に合わないアプリを使っているとマッチングできないことも。

マッチングアプリのミスマッチ例

マッチングアプリの選び方

アプリのミスマッチに気づかないまま利用してしまうと、時間も労力も無駄にしてしまいます。

マッチングアプリを選ぶ際には、自分の年齢と利用目的に合ったものを使うようにしましょう

【結論】友達がいない人でもマッチングアプリの写真は用意できる!

マッチングアプリの写真を撮ってくれる友達がいない方でも、写真を用意する方法についてご紹介しました。

友達がいない方でも写真を用意する方法

お金をかけずに用意したい方は自分で撮影する方法を選択して、お金をかけてでも素敵な写真を用意したい方はプロに依頼しましょう!

写真が用意できたら自己紹介文を作り込むことが大切です。下記の記事も確認しておきましょう。