マッチングアプリが危険と言われる理由|危険を避けてステキな男性を見つける方法

マッチングアプリが危険な理由と安全に使う方法

 

マッチングアプリが危険と言われる理由は「安全性の低いアプリ危険な男性」の組み合わせが原因です。

アプリを利用してステキな男性と出会い、お付き合い、もしくは結婚に至っている女性も多くいます。

ではこの危険を避けてステキな人と出会うには、どうしたらいいのでしょうか?

この記事では【危険な男性の見極め方・マッチングアプリを安全に使う方法・安全なマッチングアプリ】を紹介します。

桜井 郁美

リスクを低くする方法を知って、安全にマッチングアプリを利用しましょう!

マッチングアプリが危険と思われている理由

マッチングアプリが危険と思われている理由
出会いを求めるアプリの利用で、危険な目に合ってしまった女性は実際にいます。しかしマッチングアプリで出会い、お付き合いに発展している男女が多くいることも事実。

安全な利用方法を知る前に、まずはマッチングアプリが危険と言われる理由を知っておきましょう。

マッチングアプリが危険と言われる理由

  • 体の関係だけを目的にしている男性がいる
  • 登録者の身元が定かではない
  • 金銭を目的として活用している人がいる
  • メディアで事件が報道されている

体の関係だけを目的にしている男性がいる

マッチングアプリを利用している男性の中には、体の関係だけが目的という男性もいます。

仮に女性も同じ目的だった場合ならよいですが、恋活や婚活が目的だった場合ヤリモク男性はほとんどの女性が避けたいと思う存在でしょう。

特に恐怖心を抱く理由は、合意の上ではなく男性が力づくでことに及ぼうとする可能性に対して。男性の力には敵わないこともあり、この点においてはどうしても危険を感じてしまいますよね?

体目的として男性向けに勧められるアプリもあり、あなたが該当するものを使っている場合は、必然的にマッチングアプリ利用の危険性が高くなってしまいます。

下記に名前があるアプリを使用しているなら、真剣な出会いを求める男性が多い恋活・婚活向きマッチングアプリへの変更をおすすめします。

男性間でセフレ探しとして勧められているアプリ

  • PCMAX
  • ハッピーメール
  • YYC

登録者の身元が定かではない

男女が出会いを求めるサイトやアプリでも、年齢確認=身分証明書の提出が必要のない時代もありました。しかし現在はメッセージのやりとりを行う際は、法律で年齢確認が必須となっています。

そのため基本的にマッチングアプリでメッセージのやりとりを行っている人は、身分証明書を提出している男性ということ。

一部特例だったのが「Tinder」というアプリ。最近まで身分証明書の提出は不要だったため、気軽な気持ちで登録している男性も多くいました。

しかし2019年にマッチングアプリを取り締まる「出会い系サイト規制法」が厳しくなったこともあり、現在はTinderも年齢確認が必須となっています。

つまり現在、身分証明書の提出が不要なマッチングアプリは、法の抜け穴をくぐっているアプリだけ。このようなアプリは認可を取っていないため危険と言えます。

さらに安全にマッチングアプリを利用するなら、身分証明書の提出に加え、男性の利用が有料、かつ定額のアプリを選びましょう。

本気度が高い人が多く危険な男性の登録が少ないため、安全なマッチングアプリの一つの指標になります。

男性が無料で使えるマッチングアプリ

  • Tinder(ティンダー)
  • Tantan(タンタン)

※2020年10月段階では年齢確認/身分確認不要なアプリはなし

金銭目的で利用している人がいる

マッチングアプリの中には、男女ともに金銭授受を目的とするものもあります。代表的なものがママ活・パパ活での利用。

ママ活目的の会員が多いと知らずに出会い探しを行っていると、年下男性からディナー代全額支払いをお願いされたり、プレゼントをねだられたり、というハプニングもありえます。

さらに友達作りが目的のアプリでは、マルチ商法(ネットワークビジネス)のためにカモを見つけようと考えている人も。

そのためマッチングアプリを選ぶ際には、恋活・婚活での利用者が多いアプリを知っておくことが大切です。

お金を騙し取られないためには、後ほど紹介する「男性とのお付き合いに発展している安全な恋活・婚活マッチングアプリ」のような真剣な出会い探しのアプリを利用しましょう。

パパ活&ママ活で利用されるアプリ

  • ワクワクメール
  • イククル
  • ペイターズ
  • SILK
友達作りで利用されるアプリ

  • Tinder(ティンダー)
  • aocca(アオッカ)

メディアで事件が報道されている

冒頭で述べた通り「安全性の低いアプリ危険な男性」の組み合わせが、マッチングアプリが危険と言われる理由です。

この二つの組み合わせが原因となり事件に発展したケースがあるため、世間では「マッチングアプリ=危険」という認識を持つ人も。

メディアで取り上げられた事件

  • 殺人事件
  • 強姦
  • 金銭目的の詐欺
  • 男性ぼったくりバー被害
  • 美人局(つつもたせ)

この事件の多くはこれまで名が上がった、男性入会のハードルが低いアプリで出会った事件が多くなっています。中には女性だけでなく男性が被害に遭ってるケースも。

これは危険な男性だけでなく、業者絡みの女性が入会しやすいことにも原因があります。そのため危険を避けるには、入会と利用のハードルが高い安全なアプリを利用することが大切です。

しかし痴情のもつれの場合、職場での出会いだろうと知人からの紹介だろうと、どんな出会いでも事件に巻き込まれることはあります。これを避けるためにも、日々リスクを考えて軽率な行動は取らないように心がけましょう。

  • 男性宅へ安易に泊まりに行かない
  • GPS利用がマストなアプリは避ける

マッチングアプリの利用においてはアプリと男性を見極めることが、ステキな出会いを見つけることに繋がります。

 

危険な男性の特徴&見分け方

危険な男性の特徴&見分け方
マッチングアプリが危険だと言われると「アプリではやっぱり会わないほうがいいんだ……」と感じてしまいますよね。

しかしそうではありません。マッチングアプリにはまじめなお付き合いをしたいと、真剣な出会いを求めている男性もいます!

安全にいい男性と出会うためにも、事前に危険な男性の特徴と回避策を理解しておきましょう。

危険な男性を避けるために知っておくこと

  • 危険な男性の特徴を知る
  • プロフィール写真をチェック
  • メッセージのやりとりでおかしな点がないか確認

危険な男性3タイプ

マッチングアプリ利用中に、多くの女性が警戒する危険な男性は下記の3タイプ。

マッチングアプリを利用している女性が危険視している男性

  • ヤリモク男性

危険な理由:自分の意にそぐわない場合、力任せでことに及ぼうとする場合がある


  • 勧誘男性

危険な理由:物品の購入などで、金銭が騙し取られる可能性がある


  • 既婚者男性

危険な理由:裁判沙汰になり過失が認められた場合、慰謝料が請求される可能性がある

アプリ内に潜む3タイプの危険な男性を事前に知ることで、利用のリスクを減らし安全にマッチングアプリを活用できます。

ヤリモク男性の特徴

ヤリモク男性は体の関係だけを求め、マッチングアプリを利用しています。

そのため会うときは、目的が達成しやすい状況を作ろうとする人が多い傾向に。ランチの提案をしても頑なに避け、夜のデートへ誘う男性には要注意。

さらにヤリモク男性は2タイプに分かれ、一度限りの関係を望む人と、継続的な関係を望む人がいます。

前者の場合は自分の素性を明かさないことが特徴の一つ。「どのあたりに住んでるんですか?」と居住エリアを聞いて、その回答を流すようであればヤリモク男性の可能性が高くなります。

後者の場合には、彼女に関する質問が一つの指標になります。単刀直入に彼女がいるかを聞けば「いるけど別れそう」など、あっけらかんと答えることも。

都合のいい関係を求めている男性を見極めるには、ランチの提案と彼女がいるかを確認してみましょう!

勧誘男性の特徴

勧誘男性は純粋な恋活・婚活目的ではなく、金銭的な利益を得るためにマッチングアプリを利用しています。つまりネズミ講のような詐欺まがいの案件に誘うカモを探しているわけですね。

彼らは帰属意識が高いため、素晴らしい集団アピールを行おうとすることが特徴です。大勢で写っているパーティー感のある写真を載せている場合は、勧誘目的の可能性大。

また自己紹介文に【幸福・自由・ビジネス・高収入・ご縁・夢・不労所得・感謝】などの言葉が載っている場合は、極めて高い確率でクロと言えるでしょう。

そして勧誘しやすくするために悩みや不満を話して、あなたが共感できるポイントを聞き出すことも手口の一つ。

お目当ての男性に思い当たる節があれば、フェードアウトをして別の安全な男性を見つけましょう!

既婚者男性の特徴

不誠実な男性の代表とも言える既婚者男性は、パートナーがいるにも関わらず新たな女性を求めて、マッチングアプリを利用しています。

家族と過ごすときにやりとりが滞るなど、行動パターンが定まっていることが大きな特徴。結婚している事実を知られないように、家のことを話したがらない傾向も。

この点に加え、夜ごはんの話題で家庭的な料理が多く登場する場合には、奥さんが料理を作っている可能性が高くなります。

既婚者かどうかはお相手の男性に直接聞くことが大切始めに明らかにしておけば、最悪の場合でもあなたの故意とはみなされません。

まずは会う前のやりとりに時間をかけて、お相手がどんな人かを知るところに力を入れましょう!

プロフィール写真をチェック

マッチングアプリで危険人物に該当する男性を見極めるには、プロフィール写真で怪しいところがないかをチェックしましょう。

怪しい男性のプロフィール写真確認ポイント

  • 顔が一部しか写っていない
  • 本人だとわからないほどの加工
  • 顔写真が一枚だけ
  • 裸の写真が多い
  • 海外の写真が多い

危険を避けるためには、これらに該当する男性と関わりを持たないことが大切。あなたがいいねをしていないときでも、メッセージ付きいいねなど相手からアプローチがある場合もあります。

安易にやりとりを始めて仲良くなってしまっては、「優しい」「おもしろい」と危険な男性に情が沸いてしまうかもしれません被害に遭った女性たちも、当初は自分が危険な目に遭うとは思っていなかったはず。

自分の身を守るためには、危機意識を持ってアプリを利用することが大切です。安全に出会いを見つけるためにも、怪しげな人とは少しの接点も持たないように心がけましょう!

メッセージのやりとりでおかしな点がないか確認

会話の内容におかしな点があれば、危険な男性の可能性は高くなります。

怪しい男性のメッセージでの確認ポイント

  • 会話に性的な表現が多い
  • 投資などお金に関する話題を出す
  • すぐにLINEに切り替えたがる
  • プロフィールと会話の内容に矛盾が生じている

このように性的な表現が多かったりお金に関する話が多かったりする場合は、メッセージのやりとりを中断しましょう。

関係性ができていないにも関わらず、二、三通のやりとりだけでLINEに移行したがるのも怪しい男性と言えます。IDを教えてしまった場合は、個人情報が広まってしまう恐れも……。

始めは楽しく会話をしていても、そのうち「あれ?」と違和感を感じることもあるでしょう。会話の内容に矛盾が多く疑問を感じた場合は、安全のためにも関係を断つことが正しい判断です。

ブロックや通報の機能を利用すればコンタクトは取れなくなるため、今後相手に見つかることなく安心してマッチングアプリを利用できます。

アプリ利用に慣れていなく恐怖心がある場合は、機能を上手く活用して危険な男性を回避しましょう!

 

危険を避けながらマッチングアプリを利用する方法

マッチングアプリを利用している金髪の女性

危険な男性の特徴や見分け方について解説してきましたが、アプリ内のやりとりだけでは、危険な男性かどうか判断できないこともあります。

安全に出会いを探すには、意識的に危険な状況を避けることが大切です。

マッチングアプリではじめて男性と会う場合、ほとんどの女性が不安や緊張を抱えています。しかし安全に使う方法を理解することで、この不安も和らぎ上手く出会いを探せるように。

危険を避けるために、ここでアプリ利用における安全な使い方を理解しておきましょう。

男性無料/課金制のアプリは避ける

軽い気持ちで登録しやすい男性無料のアプリには、恋愛や結婚目的以外の男性が多い傾向にあります。

有料であっても課金でポイントを購入するマッチングアプリは、必要に応じて少し課金をすればいいだけなので、男性の本気度は低め。

真剣にお付き合いを考える男性が多いのは、男性が有料で利用する定額制のアプリ。無料のアプリがある中で、お金をかけているのは真剣にパートナーを探している証拠です。

さらに有料定額制のアプリであれば運営側に一定してお金が入るぶん、会員が安全に利用するための管理に費用をかけることもできます。

マッチングアプリで危険を避けて男性と出会うなら、後ほど紹介する男性有料のアプリから選びましょう!

LINE交換は慎重に行う

LINEは男性と会う前に交換する女性も多くいます。これは会う約束をした場合、デートの待ち合わせをスムーズに行いやすいため。

しかしLINEは設定によって、タイムラインのいいねから周りの交友関係が明らかになる不安点も。LINE交換にはリスクがあることも考え、会う前後関係なくお相手が安心できると判断してから行うようにしましょう。

基本は男性側からLINEの情報を伝えてもらうことがベスト。

前にID検索でイヤな思いをしたことがあって、アカウントを変えてからは設定していないんです。

と、言えばお相手からIDを伝えてもらえるはずです。もし仮にあなたから教える際は、IDではなくQRコードを送る方法がおすすめ。

LINEのIDは一度設定してしまうと変更できませんが、QRコードの場合、更新でコードの変更が可能。万が一のときでもQRコードを利用すればリスクを軽減できます。

反対にしつこくIDを強制される場合は業者男性と考えられるため、やりとりを中断してよいでしょう。

相手を知らないうちに会う約束をしない

相手がどんな目的でマッチングアプリを利用しているかを知るためには、やりとりの中で関係を深めることが大切です。

マッチングアプリを利用している女性が男性と会うまでの期間は、2週間〜1カ月が平均的。お互いを知るためにやりとりを行っていれば、必然的にこれくらいの時間はかかるでしょう。

しかしメッセージ交換を始めて2週間経っていたとしても、あなたが不安を抱えているならば、まだ会うべき段階ではないと言えます。この場合には、

まだ不安なのでもう少しお話してからでもいいですか?会う前にもっと◯◯さんのことが知りたいです✨

とあなたの正直な気持ちを伝えてみてください。早すぎる誘いを断って連絡がつかなくなったり、怒り始めたりするような男性であれば、どんな目的であっても今後いいお付き合いは望めません。

まずはあなたが「会って話をしてみたい!」と思えるよう、メッセージ交換で男性のことを知っていきましょう!

デート場所に気をつける

「実は隠れ家的ないいレストランがあって……」と雰囲気のいいお店を提案された場合でも、男性と初めて会う場合は人目が少ない場所での対面は避けましょう。

男性がどうしても人で賑わう場所を避ける場合は、知人に出くわすことを恐れているなど、何らかの理由があるはずです。

そして繁華街であっても、池袋や渋谷のようにホテル街があるエリアも避けるべき場所。男性から提案されるデートのお誘いは嬉しく感じますが、不安があるエリアの場合には

ぜひ行きたいんですけど、実は路線的に行くのが難しくて……〇〇か〇〇辺りはどうですか?

と、別の場所を提案してみましょう。

提案するときはホテル街として有名な街を避けるだけでなく、人目がつかない位置にホテルが立ち並ぶエリアも注意です。

はじめて会うときは警戒心を持って臨む

せっかく会う約束をしたのであれば、楽しんでデートを行いたいもの。しかし初めて会うときには、警戒心を持つことも大切です。

あなたが集中してデートを行うためにも、自分からリスクを生む環境は作らないようにしましょう。特に会ったばかりの男性と二人きりになる空間は、避けるのがベストな選択。

たとえば夜の食事後に盛り上がってカラオケに行ったり、日中だからと言って初対面の人と車で出かけたり。楽しそうだと感じても、この二つはおすすめできません。

そして危険を避けるためには、会う時間にも気を配りましょう。はじめて会う際は明るい時間を選ぶことがおすすめ。理想はお昼に会うランチデートです。

夜は家族との予定が入っているので、ランチやカフェなら♪

と、明るい時間を提案しても頑なに避けるようであれば、体目当ての可能性が高くなります。

危険を避けるとはいえマッチングアプリでステキな人を見つけたいのであれば、いずれはお相手男性に会いたいと思う日が来るでしょう。

あなたが安心して「会ってもいいかな」「会ってみたい」と思う人がいるなら、これまで紹介した危険を避ける方法を頭に入れてお目当ての男性とデートをしてみてください。

あなたの使っているアプリが恋活・婚活向けであれば、男性も同じく真剣にパートナーを探している確率が高いと言えます。ぜひマッチングアプリを安全に利用して、ステキな出会いを見つけてください。

 

男性とのお付き合いに発展している安全な恋活・婚活マッチングアプリ

ここまで紹介してきた「危険な男性の見極め方」と「危険を避ける方法」を知っていても、出会い系と呼ばれるアプリを使っていては、ステキな男性に出会うのは遠回りになってしまいます。

ここからは危険な男性が少なく、まじめな出会いを求める男性が多いマッチングアプリをご紹介します。

安全と言われているアプリの基準

  • 男性有料かつ定額のもの
  • 運営の管理がしっかりしているもの
  • 男女共に有料=真剣度が高いもの

これらの基準に当てはまるアプリは出会い系とは異なり、恋活・婚活向けアプリとして多くの女性が利用しています。

ここからは安全に出会いを探したいあなたのために、真剣なパートナーを見つけるのに適したアプリを厳選してご紹介します。

アプリ名 特徴 料金
ペアーズ(Pairs)
ペアーズ
カップル成立25万人以上 女性:無料
男性:3,590円/月
Omiai
Omiai
高いセキュリティーでの運営 女性:無料
男性:3,980円/月
イヴイヴ
イヴイヴ
完全審査性 女性:無料
男性:3,500円/月
ゼクシィ縁結び
ゼクシィ縁結び
男女とも有料 女性:4,378円/月
男性:4,378円/月
ユーブライド(youbride)
ユーブライド
年収・独身証明の提出可能 女性:4,300円/月
男性:4,300円/月

ペアーズ|カップル成立25万人以上の実績

ペアーズ公式ページ トップページ

ペアーズの特徴
  • 24時間365日のアプリパトロール
  • 危険男性には警告マークの表示も
  • 1日にいいね!される数の上限設定可能
国内最大手のマッチングアプリ「ペアーズ」は会員数が多いにも関わらず、セキュリティー面も万全の体制が組まれています。

24時間365日パトロールを行っており、プロフィール写真や自己紹介文はもちろん、メッセージのやりとりにも不審な点がないかをチェック。

違反報告があった会員には、警告マークが表示されます。そのため危険な男性を判断しやすく、怪しい男性との遭遇率が低いのも特徴。

さらに一方的ないいねが多く、男性の選別が大変という人には、いいね受信数に上限を設けられるのも嬉しいポイントです。

あるアンケートではペアーズで恋人ができた会員のうち60%が「結婚した/結婚の予定がある」と回答しています。このように真剣な交際に発展しやすいのも、安全に使いやすい理由の一つです。

結婚を視野に入れたお付き合いを行いたいなら、ペアーズを利用してみてください♪

目的 恋活・婚活
ユーザー数 累計会員数1000万人
年齢層 20代〜30代前半
男女比 7:3
無料利用 オプション以外全て利用可
月額料金 女性:無料
男性:3,590円/月

ペアーズで理想の男性に出会う

 

Omiai(オミアイ)|セキュリティの高さに定評あり

Omiai イメージ

Omiaiの特徴
  • 24時間365日のアプリパトロール
  • Facebookの交際ステータスが連動
  • 地方自治体との連携も
Omiaiは男女の出会い探しにおいて、長年多くの男女に利用されているマッチングアプリ。ペアーズ同様24時間365日のパトロールが行われています。

女性無料アプリの中では男性にかかる費用が高いため、より真剣度が高い男性が多い傾向に。

また登録時にFacebook連携をする場合には、交際ステータスが「交際中」「婚約」「既婚」の場合は利用できないことも安心して利用できるポイントです。

そしてOmiaiは青森・岡山・島根の3つの地方自治体と、タイアップで相互の婚活支援を行っています。行政と共に活動できるのは安心・安全への取り組みがしっかりとなされているからこそ。

マッチングアプリを利用して安全にパートナー探しを行うなら、行政からの信頼も厚いOmiaiを選びましょう!

目的 恋活・婚活
ユーザー数 会員数400万人
年齢層 女性 20代後半〜30代前半
男性 20代後半〜30代前半
男女比 7:3
無料利用 オプション以外全て利用可
月額料金 女性:無料
男性:3,980円/月

Omiaiで恋活・婚活を始める

 

イヴイヴ|完全審査制の恋活アプリ

イヴイヴ

イヴイヴの特徴
  • 時間を掛けた入会審査
  • プロフィール写真の登録は顔写真のみ
  • 本人確認済みマークで登録写真と別人問題を回避

イヴイヴは完全審査制を掲げる安心・安全のマッチングアプリです。運営での審査はもちろん、会員の承認も必要という二段階での入会チェック。

12時間の審査時間に、会員の50%以上が承認しなければ入会はできません。そのため登録には顔写真の登録が必須となっており、下心が表れている露出が多い写真を使っている男性だと入会できないことがほとんどです。

イヴイヴでは年齢確認とは別に、プロフィール写真が本人であると確認した「本人確認済みマーク」も用意されています。年齢確認では顔写真のついていない健康保険証も許可されますが、本人確認で使用できるのは顔写真付きの証明書だけ。

このマークがついている会員ならば、初デートの際に「プロフィール写真と別人が来た!」というハプニングもありません。利用者も審査に回っているイヴイヴなら、安心して出会い探しを行えますよ♪

目的 恋活
ユーザー数 200万人(2020年10月時点)
年齢層 20代前半~30代前半
男女比 6:4
無料利用 オプション以外全て利用可
月額料金 女性:無料
男性:3,500円/月

イヴイヴでステキな出会いを手に入れる

 

ゼクシィ縁結び|信頼度抜群のゼクシィブランド

ゼクシィ縁結び 公式ページ ヘッドライン

ゼクシィ縁結びの特徴
  • AIを活用した不正行動検知
  • 規約違反者には警告メッセージの表示
  • 個人情報を伝えずにデート日程調整可能

結婚情報誌ゼクシィと同じ運営会社が提供する「ゼクシィ縁結び」は、婚活での利用者が多く真剣度の高い男性が多いことが特徴です。

24時間365日のアプリパトロールが行われており、最近では人の目以外にAIを活用した不正行動検知も取り入れられました。

利用規約違反があった会員には警告メッセージが表示され、内容によっては強制退会になる場合も。さらに退会した場合は強制か否かに関わらず、3カ月は再登録ができないようになっていることも安心できるポイントです。

先ほど述べたようにデートの約束ではLINEの交換を行うことがほとんどですが、ゼクシィ縁結びでは「お見合いコンシェルジュ」機能を利用すれば、会う前に個人情報を伝えることなくデートの調整を行えます

危険を避けながら結婚に進む真剣なパートナーを見つけたいあなたには、ゼクシィ縁結びがおすすめです!

目的 婚活
ユーザー数 会員数110万人(2020年9月時点)
年齢層 女性 20代後半〜30代
男性 30代
男女比 6:4
無料利用 一部利用可能
月額料金 女性:4,378円/月
男性:4,378円/月

ゼクシィ縁結びで婚活を始める

 

ユーブライド|独身&年収証明書の提出可能

ユーブライド

ユーブライドの特徴
  • 専門スタッフによる24時間パトロール
  • サクラゼロ宣言
  • 日本結婚相談所連盟”IBJ”の子会社が運営

ユーブライドは年間2,400人が結婚している婚活向けマッチングアプリです。

アプリ内のパトロールは、訓練された専門スタッフが24時間常駐し監視を行っています。専任スタッフに加えシステムでも不正や迷惑行為がないかを行っているため、高いセキュリティーも安心ポイントの一つ。

サクラゼロ宣言を掲げるユーブライドの運営は、全国の結婚相談所2,551社が加盟している、日本結婚相談所連盟”IBJ”の子会社。

IBJが行った過去の婚活プロジェクト座談会には国会議員の小泉進次郎さんや、東京都知事の小池百合子さんなど、社会的地位がある方も出席しています。

運営に国との繋がりがあることを考えれば、ユーブライドでなら安心して未来の結婚相手探しを行えます!

目的 婚活・再婚活
ユーザー数 会員数190万人
年齢層 女性 30代〜40代
男性 20代〜40代
男女比 7:3
無料利用 一部利用可能
月額料金 女性:4,300円/月
男性:4,300円/月

ユーブライドで結婚相手を見つける

△もう一度安全な恋活・婚活アプリを見る

 

マッチングアプリは危険だけじゃない!安全なアプリを選べば、ステキな出会いが手に入る

マッチングアプリは危険だけじゃない!安全なアプリを選べば、ステキな出会いが手に入る
危険なアプリを避け安全な利用方法を理解すれば、マッチングアプリはお付き合い、果てには結婚にも繋がるステキなツールです。現代では出会い探しに欠かせなくなっています。

ここまでご紹介してきたようにリスクを避けるには、恋活・婚活向けで男性有料かつ定額制のマッチングアプリを選ぶことが大切。さらにリスクを避けるには、男女ともに有料なアプリを利用するのもおすすめです。

女性無料のアプリよりもさらに男性料金が高く設定されており、月で4,000円〜1万円ほどのものが多くなっています。

中には年収証明や独身証明の提出が必要なアプリもあるため、恐怖心が大きく上手く出会い探しができないという方におすすめ。

ぜひマッチングアプリを安全に利用して、ステキな出会いを見つけてくださいね♪

女性有料のおすすめマッチングアプリ6選

有料でも使う価値あり!おすすめマッチングアプリ6選|各アプリの特徴を一覧で比較