マッチングアプリでやりとりを続けるためには?やりとりをやめたい時に使える例文もあり

マッチングアプリでやりとりを続けるためには?やりとりをやめたい時に使える例文もあり

「マッチングアプリでメッセージのやりとりが続かない…」
「どのタイミングでデートに誘ったらいいか分からない…」

とお悩みの方に、やりとりが続かない原因や続けるためのコツなどを実例付きでご紹介します。

記事を読みながら進めることで、メッセージのやりとりをデートに繋げ、最終的にはお付き合いできるようになるかもしれません!

坂下るい

記事の終盤では、メッセージのやりとりをやめたい時に送れるテンプレもご用意しています。

目次

マッチングアプリでやりとりが続かない理由とは?

悩む女性

まずは、あなたのやりとりが続かない理由を知りましょう。

原因が分からなければ、改善することができませんし、交際に繋げていくこともできません。

アプリを利用している男女100人に調査した結果、相手がフェードアウトしてしまうメッセージには4つの特徴があることが分かりました。

あなたはこの特徴のいずれかに当てはまっていませんか?

やりとりが続かないメッセージの特徴

  • 短文&長文で返している
  • 返信するのが遅い
  • ただの返答をしている
  • デートや電話に繋がらない

文章が短文or長文

メッセージやLINEの文章が短文または長文ばかりになっていると、返ってこない可能性が高いです。

短文ばかりだと「適当に返信しているのかな」「こちらに興味がないのかも」、反対に長文ばかりだと「返すのが面倒くさい」「長くて読む気になれない」と相手は感じてしまいます。

やりとりしている中でたまに短文・長文になるのは問題ありませんが、どちらかばかりになるのは悪い印象を与えてしまいます

できれば、会話がないなら短文で終わらせずに質問してみる、伝えたいことが多くてもスマートに返すことを心がけましょう。

返信が遅い

1日1通しか返ってこない、2日後に返信がくるなど、返信が遅いと相手は「これ以上やりとりしていても仕方がないな」と去ってしまいます。

マッチングアプリでは、あなたと同じように相手も同時並行していることがほとんどです。

返信が遅い人よりも返信が早い人の方がいいですよね。

忙しくて返すことが難しい方もいるかもしれませんが、できれば1日2通以上は返すようにしましょう

ただの返答になっている

◯◯さんは映画がお好きなんですか?

はい、そうです。

上記のように、相手からふられた話題に対してただの返答だけで返していると、話題が広がらずに相手も飽きてしまいます。

ただの返答で返すのではなく、+αで具体的な答えや相手にも質問を返してあげるとよいでしょう。

デートや電話に繋がらない

メッセージしているだけでデートの誘いや電話の提案などがなく、進展がなければ相手も離れていってしまいます

マッチングアプリのやりとりは、あくまでお付き合いする相手を探すためのもの

デートに誘うタイミングが難しく、誘いづらいという気持ちも分かりますが、思いきって自分から話をもちかけてみましょう。

デートに誘うタイミングについては、この後でご紹介しています!

マッチングアプリでやりとりを続けるためのコツ【例文あり】

アプリを掲げる人たち

なんとなくでも、あなたのやりとりが続かない理由は分かりましたか?

理由が分かったら改善するように意識しつつ、次はやりとりを続けるためのコツについて知っておきましょう。

時系列にご紹介するので、あなたの状況に合ったところを選んで確認してみてください。

①初回のやりとり

マッチングして初めてのメッセージを送るときは、あいさつだけではなく「質問」を入れることで相手からの返信率は上がります。

あいさつだけの短文で終わらせずに、下記の流れでメッセージを送りましょう。

あいさつ文→相手のプロフィールから分かる共通点→質問文

テンプレートとしても使える例文をご紹介しておきますね!

例:相手からいいね!をもらった場合

 

いいねありがとうございます!
仲良くしていただけると嬉しいです。

 

プロフィールを拝見しました。映画がお好きなんですね。私も映画は大好きです!
映画館で観るのも好きなんですが、なかなか1人だと行く機会がなくて…

 

お家でまったりNetflix見てます✨笑
◯◯さんは何系の映画がお好きなんですか?😊

例:自分からいいね!した場合

はじめまして♪
プロフィールの写真が素敵だったのと、共通のコミュニティが多かったのでいいね!させていただきました。

 

私も旅行が好きで、長期休みは友だちと旅行に行ったりします✨

 

旅行は国内旅行と海外旅行どちらも行かれるんですか?
おすすめの観光地などあれば、ぜひ教えて頂きたいです😊

先に相手からメッセージがきた場合は、内容によって「あいさつ+質問への回答+質問」で返すか「あいさつ+質問」で返すように心がけましょう。

②2回目以降のやりとり

初回メッセージのやりとりが終わったら、2回目以降は相手からの質問に答えたり、相手へ質問をして話題を作っていきます。

質問ばかりだと疲れてしまうので、自分の話を交えながら話していくと◎です!

例①

そうなんですね!◯◯さんは動物とかもお好きなんですか?

はい、動物は大好きです。昔から△△動物園にいくのが好きで、最近も友達と行きました😊

 

◯◯さんは△△動物園に行ったことありますか?

例②

映画を見るのが好きなので、休日は映画館に行くことが多いです😌

映画いいですね!僕も映画を見るのが好きで、△△の映画館によく行きます。

 

いま上映している映画で気になっているのはありますか?

上記のように、デートに繋がりやすい「好きな場所」や「趣味」に関する話題を作れるとなおよいでしょう。

デートに誘うのはメッセージのやりとりをしてから、2週間〜1ヵ月がベストです。

ただし、相手によっては「ダラダラとやりとりするよりも会って話したい」という場合も。

相手のプロフィール項目(出会うまでの希望)やメッセージの感触をみて、最低1週間やりとりをしたら誘ってみるのもよいでしょう

③デートまでのやりとり

デートの約束を取り付けられたら、そのままやりとりを続けてもよいですし、一旦終わらせても問題ありません。

どちらにしても、デート前日には確認の連絡をするようにしましょう。キャンセルされる可能性や相手がデートを忘れてしまっている可能性があるからです。

こんにちは!明日ですが、△△(場所)に□時(時間)で大丈夫でしょうか?

 

もし、時間の変更などあれば言ってくださいね😃

よろしくお願いします🙇‍♀️

ここでキャンセルされてしまった場合は、日程を変更するか、スパッと諦めて違うお相手に切り替えましょう。

④デート後のやりとり

また相手と会いたいのであれば、デート後に帰宅してからすぐお礼のメッセージを送りましょう。

この段階ではすでにLINEを交換している方が多いと思います。お礼のメッセージはLINEで送っても問題ありません。

熱が冷めてしまわないうちに、次のデートに繋がるような文章を送ることが大切です。

例①

今日は本当に楽しかったです!ありがとうございました🙇‍♂️

 

◯◯さんがよければ、またお会いしませんか?

例②

今日は本当にありがとうございました!とても楽しかったです😌

 

◯◯さんがよければ、来週あたりにお話ししてた△△のカフェに行きませんか?

相手の反応がイマイチだった場合は、2〜3日後に改めて連絡してみるのもよいでしょう。

ただし、相手から連絡が返ってこない、相手の返信が遅いなど、やりとりが続かない場合はデートで好印象を得られなかったということ。

相手に「また会いたい」と思ってもらうデートのコツを知っておくことで、次に繋げられる可能性がUPします。

マッチングアプリのやりとりの最適な頻度や時間帯は?

疑問を抱える男女

先ほどのやりとりを続けるコツとあわせて、やりとりの最適な頻度や時間帯についても押さえておきましょう。

やりとりの最適な頻度

マッチングアプリのやりとりの最適な頻度は、相手の返信速度によります

相手の返信速度が速いのであれば、あなたも早めに返信してよいでしょう。反対に、相手の返信速度が遅いのであれば、同じくらいの速度で返すのが最適です。

大切なのは、相手と会話のリズムをそろえること。テンポのいい会話ができるように心がけましょう。

ただし、メッセージを始めたばかりのうちは即レスでもOKです!

時間帯は夜の◯時以降を狙え!

メッセージのやりとりに最適な時間帯は、夜の19時以降です。

日中は仕事や用事などで活動していることがほとんど。落ち着いてやりとりすることは難しいですよね。

夜の19時以降であれば、仕事や用事も終わって落ち着いている時間帯。この時間帯に送ることで、ゆっくりと話すことができますし、返信率も高くなります。

もちろん、相手の職業や状況によっては、夜勤などで夜に返すことが難しい場合もあります。

その場合は相手が落ち着いてやりとりできる時間を確認しておきましょう。

LINE交換はどのタイミングですればいい?

LINE交換のタイミングは「デートの約束を取り付けた後」か「デート中」がよいでしょう。

LINEを聞くときは下記のように自然な流れで聞くのが◎です

例:デートの約束を取り付けた後の場合

 

アプリだと連絡に気付かないこともあるので、LINEでやりとりしませんか?

例:デート中の場合

 

よければLINE交換しませんか?

ちなみに、やりとりし始めてすぐにLINE交換するのはオススメしません。

LINEなどの個人情報を入手して売買する「業者」の可能性もあるからです。

ある程度やりとりを重ねて、会うことが決まってからLINE交換するようにしましょう。

同時並行でやりとりしている人数は平均◯人!

マッチングアプリでは、男女ともに同時並行で平均5人とやりとりしています。

返信が遅くなったりすると、すぐにフェードアウトされてしまうのも納得ですよね。

メッセージのやりとりをするときは、相手も同時並行しているということを意識しておきましょう。

マッチングアプリのやりとりで注意するべきポイント

ビックリマークとスマートフォン

マッチングアプリで、印象が悪くなってしまうやりとりの特徴も知っておきましょう。

注意するべきポイントを5つご紹介します。

初めからタメ口は使わない

マッチングアプリのやりとりに慣れてきたからといって、初めからタメ口を使うのはやめましょう。

「馴れ馴れしい」「礼儀がない」といった印象を与えてしまいます。筆者も初めからタメ口を使ってくる相手は即スルーしていました。

アプリ上とはいえ、メッセージのやりとりをしている相手は実在する「人」です。最低限の礼儀をもって接するようにしましょう。

プロフィールに書かれてあることを聞かない

相手のプロフィールに書いてあることを質問するのもNGです

プロフィールを読んでいない=適当にいいねしたんだな、と判断されてしまいます。

例:相手のプロフィールに「洋画が好きです」と書いてあった場合

 

×:◯◯さんは、洋画と邦画どちらが好きなんですか?

 

◯:◯◯さんは、洋画の中でどの映画が好きなんですか?

マッチングアプリでは、相手のプロフィールを読んでからやりとりすることが必須!

たくさんの方とやりとりしていて大変なのは分かりますが、やりとりする相手のプロフィールには絶対に目を通しておきましょう。

連投しない

相手からの返信が遅い、または伝えることが多いからといって、メッセージを連投するのは避けましょう

あまりにも連投が続くと返信するのも大変ですし、不快感を与えてしまう可能性があります。

やりとりするときには「自分が」ではなく「相手が」どう思うかを考えることが大切です。

深夜に送るのは控える

夜の0時以降など、メッセージを深夜に送るのはできるだけ控えましょう

先ほどお伝えしたように、やりとりの最適な時間帯は夜の19時以降です。

しかし、送るのが深夜の0時以降になってしまうと、ほとんどの人は寝ています。次の日に起きても、日中は忙しくて返信できず、落ち着いたころには返信が面倒になり、そのままフェードアウトということも

できれば、夜の19時〜22時くらいの間にメッセージを送るようにしましょう

自分の話だけするのはNG

意外と多くの人がやってしまいがちなのですが、自分の話ばかりするのはNGです

メッセージのやりとりを続けるために、話題がないからといって自分の話をする方が多いです。

ですが、相手のことを知ろうとする姿勢なくして、出会いはありません

最初のうちは自分の話をするのもよいですが、相手に質問を投げかけたりして話題を広げていきましょう。

やりとりをやめたいときの鉄板テンプレート

スマートフォンとメッセージ

ここまで、やりとりを継続させてデートやお付き合いに繋げる方法をご紹介しました。

しかし、同時進行していて本命ができた、やりとりするのが面倒になったことなどから「やりとりをやめたい」と思うこともありますよね。

そんなときに使えるテンプレートをご紹介しておきます!

あなたの好きなようにテキストを変えて使ってみてください。

【やりとりをやめたいときに使えるテンプレート】

ほかに気になる方ができました。これ以上やりとりを続けるのは失礼なので、最後にしたいと思います。

色々なお話をしてくださり、ありがとうございました🙇‍♀️

ちなみに、やりとりが面倒になった場合は返信せずにフェードアウトするのもありです。

マッチングアプリで未読スルー・既読スルーは当たり前なので、返信がこなくなったら相手も察してくれます。

相手とデートしたことがあったり、長くやりとりしていたのできちんと言っておきたいという方は、上記のテンプレを使ってお断りするとよいでしょう。

マッチングアプリのやりとりに関するQ&A

Q&Aと男女

最後に、読者から多く寄せられているマッチングアプリのやりとりに関する質問と回答をご紹介しておきます。

あなたの疑問に思っていることが解消できるかもしれません。

やりとりからどのくらいの期間でデートしたらいい?

A. やりとりして2週間〜1カ月の間にデートするのがよいでしょう。

2週間はメッセージでやりとりを続けて、相手の趣味や好きなものなどを知ることが大切です。

ただし、相手によっては「すぐに会いたい」という方もいるので、相手のプロフィール項目(出会うまでの希望)やメッセージの感触をみて、最低1週間ほどやりとりしてから誘ってみるのも◎です。

やりとりしていてもデートに誘われない理由は?

A. 相手が真剣ではないか、誘うタイミングが分からない初心者かのどちらかです。

やりとりしていてもデートに誘われない理由は、2パターン考えられます。

1つは、相手が真剣な出会いを求めていないパターン。2つ目は、相手が初心者で誘うタイミングが分かっていないパターンです。

どちらなのか判断がつかないことも多いと思うので、相手と会いたいなら自分から誘ってみるのがよいでしょう

もし、自分から誘ってまで会いたいとは思えないのであれば、フェードアウトして他の方に集中しましょう。

やりとりを1カ月以上続けるのは長すぎる?

A. 1カ月以上は長すぎます。相手が離れていってしまう可能性大です。

やりとりが長引くと、相手は「進展がなさそう」と感じてしまいます。やりとりにも飽きてしまうのです。

そのため、できれば1カ月以内にはデートや電話に繋げた方がよいでしょう

ただし、慎重な方であれば、警戒心が強いことからデートを断られてしまうことも。相手の反応によっては時間をかけてみるのもありです。

やりとりに疲れたときはどうしたらいい?

A. 本当に気になる人だけに絞るか、一旦やりとりをやめましょう。

先述したように、マッチングアプリでは平均5人と同時並行しています。

「返すのが大変で疲れてしまった・・・」ということもあると思います。

そういったときには無理をせず、本当に気になる相手にだけ返すか、一旦すべてのやりとりをやめてみましょう。

それまでやりとりしていたのに勿体ないと感じるかもしれませんが、疲れているときに無理してもよい出会いをすることはできません

疲れたときは休んで、また元気が出てきたらアプリ恋活・婚活に取り組みましょう。

まとめ

マッチングアプリのやりとりが続かない理由から続けるコツ、最適な頻度や時間帯についてご紹介しました。

やりとりを続けて、デートやお付き合いまで至るのはなかなか難しいかもしれませんが、この記事でご紹介したことがきっと役立ちます!

もし、実践してみてもやりとりが続かない場合は、使っているアプリを変えてみるのも1つの手段です。

アプリを見直して自分の年齢や趣向に合ったものを選びましょう。