大阪の結婚相談所エンジェライトに直撃インタビュー|業界水準を大きく上回る成婚率の秘訣とは?

大阪の結婚相談所エンジェライトに直撃インタビュー|業界水準を大きく上回る成婚率の秘訣とは?

「真剣に婚活しているのに、なんで結婚できないのだろう」

そのようなお悩みを持っている方は、たくさんいらっしゃると思います。もし「真剣に婚活してるのに思うような進展がない」とお思いなら、この記事を最後まで読み飛ばさずにご覧ください。

今回は、結婚相談所エンジェライトの代表を務める吉村 豊さんにインタビューをさせていただきました。

吉村さんがどのような想いで結婚相談所を運営されているのか。そして、どんな人に結婚相談所が向いているのか。貴重なお話をたくさん伺うことができました。

小川 晃司

真剣に婚活していきたいと考えている人にとっては、価値のある内容になっていますよ!

目次

結婚相談所エンジェライトについて

結婚相談所エンジェライト 吉村様

小川 晃司

お時間をいただきまして、ありがとうございました。本日のインタビューはよろしくお願いいたします。

吉村さん

よろしくお願いします。

エンジェライトのコンセプト

小川 晃司

御社のサービスのコンセプトや特徴を伺ってもよろしいでしょうか?

吉村さん

理想のお相手探しを全力サポートする」です。

 

結婚相談所って、結婚相手紹介所ではないと思っているんですよ。

 

昔の映画やテレビで見かけるような、親がお見合い写真を持ってきたり、「結婚相談所は最後の砦」みたいな考え方を持っている人が多くて。

 

マッチングアプリは1,000万人くらいの人がやられていると思うんですが、結婚相談所って多分20万人も入っていないのではないかと思うんですよ。

 

この差ってなんなの?って。

 

マッチングアプリって、ある程度出会いの場として理解を示している中で、結婚相談所は最後の砦と思われている。

小川 晃司

たしかに自分もそういうイメージはありました。

吉村さん

今はやっていないですが、実際に僕たちが婚活パーティーとかを開催していく中で「出会いはしたいけれど、結婚相談所に入ってまでとは考えていない」という方がいまして。

 

結婚相談所に関して、誤解をされているのではないかなと。

 

マッチングアプリもいいですけど、マッチングアプリとは違ったよさがあって。出会えるひとつの手段、それが結婚相談所なんですね。

 

人によって違うとは思いますけど、ある程度の条件をクリアできる人にとっては「マッチングアプリより結婚相談所のシステムの方がいいんじゃないの?」というところを理解していただきたいな思ってまして。

小川 晃司

たしかに結婚相談所は独身証明の提出などもあるので、真剣に婚活をする方には向いていますよね。

吉村さん

理想のお相手探しを全力サポートするというのは、紹介所ではないんですよ。紹介所は、紹介するだけじゃないですか。

 

入会したら「こういう条件の人を紹介してください。年収が1,000万円以上で、学歴は大卒以上で…」

 

結婚相談所は、そういう人を紹介するところではないんですよ。自分で探すっていうことなんですよ。

 

でもひとりでは探せないから、その探すのをサポートするわけです。

小川 晃司

なるほど。

吉村さん

それと「結婚相手を探すというのは条件だけではないよ」というのを教える。というより一緒に学んでいく。

 

入会されているということは、今まで出会いがなかったということですよね。

 

あなた自身の条件を叶えるためには、今のままでは足りないのではないですか?」と。

 

自分磨きをしていかないと、あなたの理想には出会えないよ」と。

小川 晃司

なんだか耳が痛いです。

吉村さん

それと、異性から見た時の価値観を知らないといけませんよね。

 

もちろん、学歴だとか所得だとかで、無理なこともあるかもしれないけど、それをカバーする方法はいくらでもあると思っているんですね。

 

そういうのを一緒に見つけていくのが結婚相談所だよということを、もっと広めていきたいです。

小川 晃司

すごい想いを持って結婚相談所を運営されているのですね。

吉村さん

はい。結婚相談所をやっているうちに、年齢によって色々と差が出てくることに気づいて、入会の金額設定を年齢で分けるようにしました。

 

2年半くらい前から。年齢によって全然違うので。

 

今年、私62歳になるんですよ。59歳の時に「来年還暦になるな」と思った時に「60歳になったら社会貢献を考えなきゃいけない」と思って。

 

こういう仕事をしているので、少子化対策とか考えた時に、皆さん結婚しないから少子高齢化になるんだなと。

 

社会貢献という意味と、将来日本でも人口が減らないようにという意味を込めて『ヤングバリューコース』というのを作りまして。

結婚相談所エンジェライト ヤングバリューコース

ヤングバリューコース 料金プラン(2021年6月時点)

吉村さん

利益よりも「まずは結婚相談所の活動をしてほしい」という意味で、女性は28歳、男性32歳まで。価格が半分くらいの格安コースを作りました。

 

それはなんでなのかというと、子供をたくさん産んでほしいという気持ちからです。

小川 晃司

たしかに料金がリーズナブルですよね。

吉村さん

やっぱり若い人ほど「お金をかけられない」「お金をかけてまで結婚したくない」というのと、結婚相談所を理解してもらうためには、若い人に理解してもらうのが一番早いと思って、そういうコースをやっているんですけど。

 

ヤングバリューコースでいうと、結婚している人が100%なんですよ。まだコースができて2年半ですけど、100%結婚しています。

 

今2年半しか経っていないので、たまたまラッキーも重なっていると思うんですね。でも8割は切らないと思っているんですよ。

 

あと半年〜1年で脱落する人も出てくるのも仕方がないと思ってるんですよ。でも8割は切らないのが、この年代なのかなと思ってるんですね。

 

その次を考えて、女性は29歳から32歳まで。『モテ期コース』というのを今年4月(2021年4月)から作ったんですけど。

結婚相談所エンジェライト モテ期コース

モテ期コース 料金プラン(2021年6月時点)

吉村さん

今までのデータを見ていても、マッチングアプリと結婚相談所に入ってくる人の違いって、マッチングアプリは恋愛したい人結婚相談所は結婚したい人の割合が圧倒的に多いと思うんですよ。

 

マッチングアプリを使っている人の中にも結婚したいという人はいると思うんですけど、どちらかと言うと「恋愛してから結婚したい」という人も多いと思うんで。

 

結婚までの期間がある程度かかると思います。

 

結婚相談所って、お相手と出会うまでは半年〜1年、場合によっては2年ってかかるんですけど。

 

お見合いして、お互いがいいなと思ってから結ばれるまで3カ月っていう期間なんですよ。長くても、お見合いしてから半年以内には婚約しなきゃいけない。

 

結婚相談所の『成婚』っていうのは『婚約』のことをいうので。婚約まではいかなきゃいけないというルールがあるんですね。

 

半年以内に婚約するというのは、本気で結婚したいと思っていないとできないっていうのはありますね。

小川 晃司

年齢によって価格が分けられているのは、あまり見かけないのですが…

吉村さん

若い人向けのコースというのは、ほかでもあるんですよ。

 

でも、やってるところでも32歳〜33歳くらいまでだと思います。なぜ、その年齢に設定されているかというと、これも根拠があるんですよ。

 

結婚相談所に入ってくる男性というのは、子供がほしいというのが一番の条件になっていることが多いので。

 

子供を産むとなると、35歳以上になると高齢出産になりますから。これは世の中的にも言われていますよね。

 

本能的な部分で、男性も35歳までの女性を望むというのがあって。

 

結婚相談所の活動で1〜2年で結婚できるとしても、子供が産まれるまで2年くらいはかかりますよね。なので、32歳までの方は安くしますよと。

 

「32〜33歳くらいまでの方は安くしますよ」という結婚相談所は、そこそこあるんですよ。

小川 晃司

それは知らなかったです。勉強不足でした。

吉村さん

うちは、そこをもっと絞って。ビジネスとしてだけではなくて、本当に安くして。若い人たちに「子供が産みたい」と思ってもらえたらと思って。

 

「女性は28歳までだよ」って。そうやって言い続けたら、早くから結婚を考える人も増えてくれるかなという思いもあって、28歳までのコースを作りました。

小川 晃司

スタンダードコースとフルサポートコースは、ヤングバリューコースとモテ期コースの年齢から外れている方が対象ということでしょうか?

結婚相談所エンジェライト スダンダードコース

スタンダードコース 料金プラン(2021年6月時点)

結婚相談所エンジェライト フルサポートコース

フルサポートコース 料金プラン(2021年6月時点)

吉村さん

スタンダードコースはそうなんですけど。フルサポートコースに関しては、ちょっと違いまして。

 

ヤングバリューコースもモテ期コースもスタンダードコースも、価格が違うだけでサービス内容は一緒なんです。年齢によって価格が違うだけです。

 

でも人によっては、お見合いに行くのも「一人で行くのがイヤ」という人もいらっしゃって。

 

うちが加盟しているIBJというところでは、マッチングアプリのようにアプリで婚活をするんですよ。アプリで検索してお相手を見つけるというのがあるので。

 

でも、自分で申し込めない人がいらっしゃるんですよ。「断られるのがイヤだ」とか。そういう方に「一緒に選びましょうか」と。

 

30歳でも「気が弱くて」とか「一人で出来ないので一緒にしてください」という方のために、フルサポートというのをやらせてもらっています。

 

サポートをするのは、ある程度手間がかかるので、こういうコース(フルサポートコース)もありますよと。

 

フルサポートコースは、どの年代でも全然いいんですよという話になるんですけど。このコースに入る方は、よほどの方なのかなと思っています。

エンジェライトの実績

結婚相談所エンジェライト 成婚退会者

小川 晃司

運営歴はどれくらいなのですか?

吉村さん

丸5年くらいですね。

小川 晃司

5年間でどれくらいの成婚者が出てらっしゃるのですか?

吉村さん

成婚者といっても、結婚相談所の規模も関係しているので。うちは少人数制なので、パーセンテージを伝えさせてもらってもいいですか?

小川 晃司

全然大丈夫です!

吉村さん

一応、結婚相談所と言われている部類でも、色々なパターンがあるんですね。

 

オーネットだとか、最近だとペアーズエンゲージだとか。その中でもうちがやっているのは『仲人型結婚相談所』というものになるんですよ。

 

結婚相談所といっても色々なタイプがあるんですけど、結婚相談所という括りでいうと、成婚するのは10%くらいなんですよ。

小川 晃司

正直、成婚率はもっと高いと思っていました。

吉村さん

ただ仲人型結婚相談所というのは、会員さんとカウンセラーが二人三脚で取り組んで婚活していくというものになります。

 

すると「成婚確率がグンと上がっていきますよ」というところで。

 

ただ、元々10%程度の成婚率なので、そんなに上がるわけではないんですよ。年代や条件によって変わってくるんで。

 

人によって違いはあるんですが、3人に1人くらいは成婚できています

 

40歳を超えると色々あるんですけど、平均すると3人に1人くらいかなと。

小川 晃司

それはすごい数字ですね…

エンジェライトをはじめたきっかけ

小川 晃司

結婚相談所を始められたきっかけを伺ってもよろしいですか?

吉村さん

実は、私バツイチでして。所得もまあまあよかったので、結婚しなくても楽しいかなと。

 

1回経験しているし、もういいかなと思ってて、あまり結婚は考えていなくて。でも、結婚するのはイヤではなかったんですよ。

 

あるきっかけがあって、結婚相談所をやっている方を紹介されまして。「将来的なことを考えたら、再婚もええんちゃうか」という話をされたんですね。

 

結婚はイヤではなかったので、気軽な感じで「1回入会してみます」って言って入ったんですけど。それまで、結婚相談所っていうものを全く理解していませんでした。

 

9年くらい前なんで、昔の結婚相談所ではなくて。パソコンが普及してから、結婚相談所もだいぶ変わってきたんですね。

 

そういうのを知らずに入会したら「これ、すごいな」って。

 

結婚相談所を僕も誤解してたなって。僕も結婚相談所は『最後の砦』みたいに思っていたので。

 

実際に自分もそこで成婚退会して「これを広めたいな」って思ったのがきっかけです。

小川 晃司

インターネットが普及して、婚活もより身近になっている感じがします。

 

「オンライン婚活」という言葉も出てきていますし。どんどん敷居が下がっているなと。

吉村さん

やっぱり、恋愛って”見た目”だと思うんですね。第一印象って見た目から入ると思うんで。

 

一緒の会社で働いている人なら、1年2年と過ごして「この人性格いいな」と思うこともあると思うんですけど。

 

合コンや婚活パーティーは、見た目から入ることが圧倒的に多いと思うんですね。

 

でも結婚って、そうじゃないと思ってて。やっぱり、ある程度条件から入らないと。

 

自分も離婚の経験があるんで思うんですけど、「好き」という恋愛感情って3年くらいしかもたないと言われてますよね。

 

嫌いになったわけではないんですけど、恋愛感情が3年しかもたないと、収入とか相手家族の問題とか色々なことが出てきて離婚される方って多いと思うんですね。

小川 晃司

たしかに、なんとなく想像できます。

吉村さん

でも、ある程度相手の条件を分かってて、相手の家族のこともある程度分かってて、仕事内容も分かってて結婚するというのは、離婚しにくいなと。それは間違いないと思ってて。

 

恋愛結婚した人は、10人いたら3人以上は離婚していると言われていますよね。35〜36%とか、それくらいだったと思うんですけど。

 

もうすぐ4人に届くと言われているような時代の中で、結婚相談所で結婚した人の離婚率って1割程度って言われているんです。

 

それって何でなのかなっていうと、恋愛結婚は「好き・嫌い」っていう恋愛感情だけで結婚しているからなのかなって。

 

やっぱりある程度、相手の条件を知ってから結婚した方がいい。

小川 晃司

事前にお相手の条件を知れるというのが、結婚相談所のメリットということなのですね。

吉村さん

そうなんです。

 

でも、人権が叫ばれている時代に、僕たちがムリヤリ結婚させるなんてことはないんですよね。あくまで本人の意思で結婚するんで。

 

もちろん、恋愛感情が生まれないと結婚なんてできないんですけど。

 

ただ、出会いのきっかけとして、結婚相談所が独身証明書とか会社の社員証とか保険証とかのコピーを取らせていただくんで。

 

しっかりとした身元を確認した人、家族構成が分かっている人と出会えるというのは、結婚相談所のよいところだと思いますね。

 

そういうところを理解してほしいかなって思いますね。

小川 晃司

恋愛感情がなくなった後に、皆様どういった理由で離婚されることが多いのでしょうか?

吉村さん

私たちは結婚相談所をやっているので、自由恋愛に関しては「自分が経験したこと」とか「再婚希望で入会された方とか周りから聞いた」というところでお話するんですけど。

 

やっぱり1番はお金じゃないですかね。

 

子供が産まれた後に、お金を家に入れてくれないとか。自分のために使うだけとか。お金の問題が圧倒的に多い気がします。

 

あとこれは、結婚相談所でも絶対に避けられないことなんですけど、DVっていうのは分からない。これも大きな原因です。

 

でもDVに関しては、うちも保障できないんで。「ご自身で確認してくださいね」っていう風にはなります。

 

結婚相談所を使ってる人でも別れるのは、こういった理由もあるのかなと思いますね。

小川 晃司

知らないリアルを教えていただけたので、勉強になります。

吉村さん

多いのはお金だと思いますよ。ギャンブルとかも、お金が関わってきますから。

 

でもギャンブルするしないというのは、分かりやすいのかなと。貯金や所得も分かっていますし。

 

あと、恋愛するということは、浮気問題も出てきますよね。でも、結婚相談所で出会う人って、浮気も少ないのかなと。

 

出会い方が分かっていないとか、恋愛経験が少ない人も多いので。そういう心配も少ないのかなという気がしますけど。

エンジェライトの利用者について

結婚相談所エンジェライト ハイステータスな会員

小川 晃司

サイトに「ハイステータスな会員が多い」というのは拝見しているのですが、どういった会員さんが多いですかね?

吉村さん

日本の結婚相談所って、定職がないと入会できないっていうのがあるんですよ。もしかしたら入会できるところもあるかもしれませんが。

 

結婚相談所でいうと「男性は所得が勝負」「1番は所得」っていうのがあるんで。

 

基本的には、うちみたいな仲人型では年収300万円以下はしんどいのかなと。もちろん、年代にもよりますけど。

 

年収500万円くらいはないと、結婚しにくいんじゃないかと思いますね。全員に向くわけではないというのは、そういうところなんですよ。

 

所得の低い方は、マッチングアプリとか婚活パーティーの方がいいのかなという気はしますよね。

 

結婚相談所に入会してくる女性が一番見るのは(男性の)所得なんですよ。間違いなく。

小川 晃司

薄々気づいてはいました…

吉村さん

逆に男性が見るのは年齢なんですね。男性も女性も、顔は2番目、3番目くらいなんですよ。

 

もちろんマッチングアプリと同じで、結婚相談所のアプリも検索条件には年齢や収入とかは全部あるんですよ。

 

学歴や離婚歴なんかも全部検索できるようになっているんですけど。

 

その中で一番多い検索条件は、女性だったら所得。男性は年齢なんですよ。

小川 晃司

あ〜、たしかに自分もお相手の年齢は気にします。

吉村さん

ですよね。男性が検索する時って、年齢は29歳までで検索するんですよ。

 

その次は32歳までで検索するんですね。30歳ではなくて、32歳で検索するんですよ。

 

それってなんでかというと、男性も、35歳までに子供を産んでほしいというのがあるみたいで。これは本能的に、自然とそう思うみたいです。

 

男性も結婚するまでに1〜2年かかるというのは分かっているので、32歳なんですよ。30歳でも35歳でもなく。

 

それで、うちのヤングバリューコースは28歳までで設定しているんですね。

 

29歳で設定してしまうと「明日誕生日です」という場合は、実際には30歳から活動することになるんで。それで28歳という設定にしています。

 

28歳だと、次の日誕生日でも30歳になるまでに1年あるんで。

 

大体の結婚相談所って、1年契約のところが多いんですね。「1年以内に結婚してもらう」というのをゴールにやっていると。

小川 晃司

結婚までに1年。子供が産まれるまで1〜2年。その計算で「35歳までに子供が産まれるように」ということですよね。

吉村さん

そうですね。中には「結婚してから1年くらいはゆっくりしたい」という方がいることも考えると、32歳までの女性を選んでいただけると、35歳までに子供を産んでもらえるのかなと。

サポート体制について

結婚相談所エンジェライト サポート

小川 晃司

仲人型ということなので、同席されることもあると思うのですが、どういったところを意識してサポートされているのですか?

吉村さん

マッチングアプリと違うのは、お相手を探す時は、直接相手に連絡がいくわけではないんですね。

 

お見合いの調整は、まず自分の入会している相談所に連絡がいって、次に相手の入会している相談所に連絡がいって、そこからお相手に連絡がいくんで。間に絶対2つ入るんです。

 

ここでお互いがOKだというやりとりも、お見合いの日程と場所も結婚相談所で設定するんですよ。

 

「この人と会ってもいいですよ」とお互いがOKを出すと、必ずお見合いしなければいけない、1回は会わなければいけないことになってるんで。

 

設定は結婚相談所がやるんで、ほぼ100%会えるということになるわけです。

小川 晃司

お見合いの場に仲人さんは同席されないのですか?

吉村さん

する場合としない場合があります。結婚相談所によっても、するところとしないところがあって。うちの場合は、全部はしません。

 

基本的にお見合いは土日になってしまうんで。皆さん、平日は仕事をされているので。土日にお見合いが集中すると、被ってしまうことが多いので、全員についていくことはできないです。

小川 晃司

たしかに土日休みの方が多いですもんね。

吉村さん

そうですそうです。

 

例えばうちの場合は、最初の3名は優先してついていきますよと。なぜ、ついていくかというと、それも2つのパターンがあって。

 

大体はホテルラウンジでお見合いすることになるんですけど、そのホテルラウンジの入り口で、お互いを紹介する。立ち紹介になるんですけど、これが一番多いです。

 

「どうしても同席してほしい」「1対1で初めての人と話すのが苦手」ということであれば、お見合い時間は60〜90分って決められているんですけど、最初の15分だけ同席します。

 

これはフルサポートコースの方へのサポートになります。ほかのコースだと、ホテルラウンジの入り口で立ち紹介をするくらいですかね。

小川 晃司

何人もご紹介していると「この二人はうまくいく」というのが分かるものなのでしょうか?

吉村さん

分かりますね。

小川 晃司

どういったところで、うまくいくと感じるのですか?

吉村さん

なぜお見合いの立ち紹介に僕たちが行くかというと、会わせるだけなら、僕らがついていく必要はないんです。

 

会わすだけなら、色々な方法があって。ホテルラウンジは予約も取れますし。予約を取っていたらホテルラウンジも案内してくれますから、確実に会えるんですよ。

 

でも、定期的にお見合いをして断られてばっかりの人。「なにが理由なんだろう?」っていうのを見にいくためにも、立ち紹介についていくんですよ。

小川 晃司

なるほど。

吉村さん

例えば、スーツで行きなさいよって言っても、時代遅れのスーツを着ているとか、シワシワのカッターシャツを着ているとか、ヨレヨレのスーツを着ているとか、スーツなのに運動靴を履いているとか、靴の汚れがあるとか、スーツにフケがついているとか。

 

そういうところはダメだよと。人間は第一印象で7〜8割決まってしまうので、身だしなみとかが出来ているかどうかをチェックしに行く。

 

スペックとかは、ある程度事前に分かっているわけですよ。プロフィールを見ているので。

 

じゃあ、断られるのはなんでかというと第一印象なんですね。

 

第一印象で7割断られてしまうわけだから、いくら話が上手でも、最初の印象が悪かったら断られてしまう。

 

で、最初の立ち紹介を見たら大体分かるわけですね。

新型コロナウイルスの感染対策について

結婚相談所エンジェライト コロナウイルス感染対策

小川 晃司

今、新型コロナウイルスが蔓延して、様々な事業が影響を受けていると思います。御社でもなにか対策をしていることなどございましたか?

吉村さん

コロナの対策としては、オンラインパーティーを行っているということでしたが、ほかにも何か対策されていることがあったりするのですか?

 

結婚相談所の中には「相談もオンラインで受けます」という風にしているところもあります。ただ、まだまだ少ないんですよ。

 

慣れの問題もあるとは思うんですけど、はじめましての人とオンラインで繋がるのは、勇気がいるという方も多いと思うんですよ。

 

特に結婚相談所に入会される方は、コミュ力に不安を持っている人も多いので。うちもオンライン相談はやってますけど、そんなに多くはないですかね。

エンジェライトのYouTubeチャンネルについて

小川 晃司

YouTubeチャンネルも拝見したのですが…

吉村さん

去年の4月からYouTube配信を始めたんですけど「しゃべっている姿」や「なにをしゃべっているか」というのは、性格が出ると思うんですね。

 

しゃべってる姿を見てもらって理解してもらうのが一番早いかなと思って。やっぱり、ホームページに載っている写真と文字だけでは、どういった人かは分からない。

 

もちろん、ブログ内容である程度分かるところもあるんでしょうけど。

 

それよりも、一番簡単なのは顔を出してしゃべっている姿を見てもらうのが、一番早いのかなって。それで動画を配信させてもらっていますね。

小川 晃司

どういった方向性をイメージしてYouTubeをやられているのですか?

吉村さん

もちろん、うちの結婚相談所への集客っていうのもひとつあるんですけど、理由はもうひとつあって。

 

僕にとってはライバルになるかもしれない結婚相談所と一緒にコラボしながらYouTube配信をしています。

 

それはなぜかというと普及させたいんですね。結婚相談所っていうのを、もっと気軽に利用してほしい

 

マッチングアプリがこれだけ世の中で認められるようになってきている時代なのだから、結婚相談所も同じだよと。

 

金額的な面がアプリよりも高いかもしれないけど、そのぶん正確な情報がもらえるというのを分かってもらいたい。

 

「結婚相談所って、そんなに悪くないよ」っていうのを理解してもらうために(YouTubeを)やっています。

 

うちにも入会しない、よそにも入会しないとなったら盛り上がらないので。まだまだ結婚相談所は誤解されているところも多いですから。

小川 晃司

実際にYouTubeを見た方が入会されるということもあるのでしょうか?

吉村さん

素人がやっているYouTubeなので。自分たちが企画して、内容も編集も全部自分たちでやっているので、そんなに発信力があるわけではないんですけど。

 

実際にやってみて、最初の半年間はお問い合わせはゼロでした。

 

でも半年経ってから、月に4〜5人のお問い合わせは来るようになりましたね。

小川 晃司

それはすごいですね!

吉村さんが伝えたいこと

小川 晃司

それでは、吉村さんから読者の方に対して、なにか伝えたい想いなどはありませんか?

吉村さん

御社のサイトを見てる方でしたら、マッチングアプリに興味があって見ている方が多いと思うんですね。

 

マッチングアプリにはマッチングアプリのいいところがあるんで。結婚相談所に入ってても、マッチングアプリをしててもいいと思うんですよ。

 

なんでかというと目的が違うので。たぶんですけど、マッチングアプリは出会うことが一番の目的になってるのかなって。

 

うまくいって、それで結婚っていう風になったらいいですけど。

小川 晃司

たしかにマッチングアプリを利用する目的は様々なので、婚活目的の方ばかりではないですね。

吉村さん

そうですよね。

 

結婚相談所っていうのは、男性も女性も価格は一緒なんですよ。マッチングアプリは、男女で価格が違うというのはあるかもしれませんけど。

小川 晃司

マッチングアプリは、男性と女性で料金が違うことも多いです。

吉村さん

ですよね。

 

お金を払って出会うということは、結婚を完全に意識している。

 

それが結婚相談所とマッチングアプリの大きな違い。目的が結婚であるというのと、出会いなのとでは全然違うのかなと。

 

やっぱりマッチングアプリで出会うというのは、容姿とかテクニックとか色々あると思うんですよね。

 

それによって出会いの確率が変わるというのは多いと思うんです。

小川 晃司

それはあると思います。

吉村さん

結婚相談所もハイスペックだったり美人の方が有利だとは思うし、年齢なんかも関係してきます。

 

でも、それがメリットになることもあれば、デメリットになることもあるのが結婚相談所だと思うんですね。

 

結婚相談所だと28歳の普通の人と、33〜34歳の美人だったら、28歳の普通の人の方が有利だと思うんで。

 

やっぱりキレイだけじゃないというのもあるんで。そういうのも分かってほしいし。

 

結婚相談所は、交際期間が3カ月から半年。そこから婚約ということになるんで、大体1年くらいで結婚相手が見つかる。

 

マッチングアプリはまずは恋愛から入ると思うんで。恋愛の場合出会ってから結婚するまで平均4年って言われているんですね。

 

その差があるんで、もし別れてしまった時に、年齢が取り返しのつかないことになるっていうのは理解してほしいですかね。

小川 晃司

10代や20代前半ならいいかもしれませんが、人によっては、結婚まで4年は長いですよね。

吉村さん

特に子供がほしいっていう人は、やっぱり年齢は気にしますよね。

 

男子校や女子校に通ってて、恋愛経験がないっていう人も全然問題ないっていうのが結婚相談所です。

 

マッチングアプリではコミュ力とか駆け引きができないと不利になることもあるんじゃないかと思うんで。

 

そういうところで「自分はマッチングアプリではうまくいかないな」と思う人は、結婚相談所は無料面談をしているところがほとんどだと思うので「話を聞くくらいはされてみてはどうかな」とお伝えしたいですね。

小川 晃司

たしかにマッチングアプリより結婚相談所の方が向いている方はいると思います。

吉村さん

でも、マッチングアプリも推奨はしていて。

 

なぜかと言うと、マッチングアプリは女性よりも男性の利用者が多いですよね。

 

逆に、結婚相談所は女性の方が多いんですよね。

 

結婚相談所は女性60〜65%、男性は35〜40%って言われていて。比率が全然違うんですよ。

 

これはどういうことかと言うと、結婚相談所は「結婚したい」という明確な目的があって入っている人が多くて。

 

マッチングアプリは「異性に興味がある」という人がいっぱいいると思うんですよ。でも、すぐに結婚したいかと言われたら、そうではない人が多いと思うんですね。

 

25歳くらいまでの人は、マッチングアプリを中心にした方がいいと思うんですよ。

 

アラサーと呼ばれる年齢になってきたら、両方やってもいいんじゃないかなと。

小川 晃司

ふむふむ。

吉村さん

マッチングアプリは女性は無料というのもあると思うんで。

 

マッチングアプリをやりながら結婚相談所に入会するというのをやってもいいんじゃないかなって思ってます。

 

そのかわり、結婚相談所は男性の人数が少ないんで、意外とモテません。

 

マッチングアプリをやめて結婚相談所に入会してくる女性は「こんなに私モテないの」って思われます。

小川 晃司

えっ!?それは意外です。マッチングアプリとは全然違いますね。

吉村さん

それは男性も結婚に本気だからです。恋愛と結婚は違うんです。

 

男性も恋愛目的で利用するのと、本気で結婚相手を探すというのでは、条件が全然変わってくるんです。

 

将来、子供を育てていくなら、考え方がしっかりしてなきゃいけないとか。色々なことを考えるんで。意外と美人だけでは選ばれないっていうのがあります。

 

モテないんで、マッチングアプリと両方された方がいいのかなと思います。

小川 晃司

実際に現場にいる方にお話を聞くのは勉強になります。

吉村さん

結婚を考えていない方は、マッチングアプリでいいと思います。

 

女性で「子供を産みたい」とか思っている人は、結婚相談所も利用された方がいいと思います。

 

男性って何歳になっても子供を作れると思っている人が多いですけど、男性も35歳を過ぎると子供を作れる確率って減っていくんですよ。

 

芸能人とかが60歳くらいで子供を産んだっていうテレビを見た影響かもしれないですけど。

 

男性側に原因があって子供ができなくて、不妊治療されている方もすごい多いので。そういったところも理解していただきたくて。

 

どうしても子供がほしい人は、アラサーと呼ばれたら結婚を考えるべきというのは伝えたいですね。

小川 晃司

インタビューにお答えいただいてありがとうございました。色々とお話を聞かせていただけて勉強になりました。

吉村さん

こちらこそありがとうございました。

インタビュアーが感じたこと

今回は、エンジェライト代表の吉村さんからお話を伺いました。

吉村さんのお話で印象的だったのは、想いや理念を持って事業をされているということです。

多くの事業主は、利益ありきで事業スタートし、拡大させていくと思います。

しかし、吉村さんは「少子化を止めたい」「結婚する人を増やしたい」という本気の想いが伝わってきました。その想いがあるからこそ、会員さんに寄り添った結婚相談所を運営できているのだと感じました。

しかも、ヤングバリューコース(女性28歳まで・男性32歳まで)やモテ期コース(女性32歳まで・男性36歳まで)は料金がリーズナブル!

本気で婚活を考えている方は、ぜひ結婚相談所エンジェライトをチェックしてくださいね。

結婚相談所エンジェライト ヘッダー

 

理想のお相手探しを全力サポートする結婚相談所『エンジェライト

 

エンジェライト公式サイトへ

最後までご覧いただきありがとうございました。