マッチングアプリで最初からタメ口な人の心理は?タメ口にするタイミングや提案方法

マッチングアプリで最初からタメ口な人の心理は?タメ口にするタイミングや提案方法

最初のメッセージからいきなりタメ口を使われると男女ともに嫌悪感を抱く人がほとんど。しかしいつまでも会話で敬語を使っていては、相手との距離も縮まりません。

この記事ではマッチングアプリで遭遇するタメ口を使う男性の心理と、仲を深めるタメ口のベストタイミング・切り替え方法をご紹介します。

タメ口に関する印象や効果を知って、うまくマッチングアプリを利用しましょう!

桜井 郁美

タメ口を使う、敬語を使うと言っても、どちらかの使用率100%に偏って使うことはおすすめしません。アプリではそれぞれ使うタイミングと割合が大切です♪

目次

タメ口の人の心理

タメ口の人の心理
一般的に最初かららタメ口を使われることには、馴れ馴れしいと感じて相手に抵抗感を持つ人がほとんどです。

では一般的な考えに反して、タメ口を使う人は一体どのような心理でタメ口を使うのでしょうか?ここからはタメ口を使う男性の心理を解説します。

タメ口を使う男性の心理

  • 深く考えていない
  • マッチングアプリではタメ口が問題ないと思っている
  • 仲良くなりたい気持ちがある
  • ライトな関係を望んでいる

深く考えていない

最初のメッセージからタメ口を使う人は、悪気があってタメ口を使っているわけではありません。そもそもタメ口=馴れ馴れしいと思われていることに気がついていない人もいます。

これはいきなりタメ口を使うことが失礼にあたるという概念がなく、これまで教えてくれる人もいなかったため。彼らの感覚では「敬語を使うなんてよそよそしい」という考えが普通です。

つまりあなたとタメ口を使う相手との間で「普通」「常識」という感覚にずれが生じているということ。

このパターンの男性は色々な人と出会ったり、新たなコミュニティに属するなど世界が広がれば、敬語を使う派に切り替わることもあります。

マッチングアプリではタメ口が問題ないと思っている

タメ口を使う人の中にはまだマッチングアプリに慣れていなく「アプリ上の関係で敬語を使うこともないだろう」と思っている男性もいます。

マッチングアプリの利用者は女性よりも男性の比率が高く、男性のほうがメッセージのやりとりを行う機会は少ないもの。

そのためタメ口でメッセージを送りスルーをされても、その原因がタメ口だというところまでたどり着かないのです

それに加えタメ口を気にしない女性とはやりとりが続くため、余計にアプリではタメ口でもOKという感覚が芽生えます。

このタイプの場合はやりとりをする女性の数が増え「反応が悪いな」と思えば、今後敬語に切り替わることもあるでしょう。

仲良くなりたい気持ちがある

タメ口を使う男性の中には年が近いなど、あなたと共通点があることに嬉しくなり、親近感が沸いたことでタメ口になっている人も。

通常、敬語はビジネスの場や店員さんに対してなど、相手と一定の距離を保つために使われます。反対にタメ口を使うと距離は縮まりやすくなることに。

タメ口を使う印象が強い帰国子女はフレンドリーな人が多く、初対面でも打ち解けるのが上手な気がしませんか?失礼と感じる人がいる一方で、相手と仲良くなるときにはタメ口を使うことが有効な場合もあります

「いきなりタメ口で送るなんて失礼な人!」という先入観は持たずにやりとりを進めれば「実は友好的ないい人だった!」というラッキーパンチもあるわけです。

ライトな関係を望んでいる

男性が恋愛目的でアプリを使っていない場合も、タメ口を使う人は多い傾向に。彼女を作りたい、相手に好意を持ってもらいたいという気持ちがあれば、失礼のないように気を遣うことでしょう。

しかし単純に友達を作りたいだけの場合は、タメ口OKで気が合う人だけとのやりとりでも十分。実際に友だち作りが目的の女性には「タメ口のほうが気を遣わなくて楽」と思う人もいます。

タメ口を使ってきた男性がどのような関係を望んでいるかは、プロフィールを参考にアプリを利用している目的を確認しましょう!

タメ口の男性とはやりとりしたほうがいい?

タメ口の男性とやりとりはしたほうがいい??
このように一部の男性を除けば、タメ口だからといっても悪い人ばかりではないことがわかりました。

もしあなたがアプリを利用していて「いい人がいない」「出会えない」と感じているなら、間口を広げてタメ口の人とやりとりを始める手もあります。

最初の抵抗感さえなくしてしまえば、案外うまくいくかもしれませんよ?

では実際にタメ口男性とやりとりを始める前に、タメ口男性とやりとりをするとどのような明暗があるかをお伝えします。

タメ口男性とのやりとりが失敗の場合

タメ口に慣れずストレスが溜まる

タメ口の男性がイヤだと思っていた以上、始めのうちはタメ口に慣れずストレスを感じる女性が多くいます。

少しも耐えることができないなら、やはりタメ口男性とのやりとりは向いていません。しかし相手に合わせて自分もタメ口を使っていると、相手のタメ口が問題とは思わなくなる人がほとんど

タメ口でのメッセージ交換は友だちとのやりとりのように、気を遣いすぎないことがプラスな点です。

タメ口だけが問題な人の場合は10ターンもやりとりをしていれば、むしろやりとりが楽しいと思うことも多くなります。

相手が日常生活でもタメ口を乱用しているタイプ

マッチングアプリでタメ口を使う男性は2タイプに分かれます。

  • 日常では敬語を使うが、マッチングアプリ内ではタメ口の人
  • アプリ内だけでなく、日常でもほぼタメ口の人

前者の場合はマッチングアプリをフランクな場と考えていてタメ口を使っていますが、後者の場合は店員さんにもタメ口を使うなど、普段から敬語を使わないタイプ。

後者の場合デートで行ったお店で、店員さんに対してタメ口で注文を始める男性もいます。このタイプに当たってしまうと、デートをしてもテンションが下がってしまうでしょう。

反対にマッチングアプリの場だけでタメ口を使用しているタイプなら、実はタメ口の点以外はすごくいい人ということも。タメ口を使う男性がどちらのパターンかは、会ってから判断してみてください!

ヤリモク男性だった

先ほど述べたライトな関係を望む男性の中には、体目当てという人もいます。

この男性には『すぐ落とせる女性は敬語を使わずタメ口傾向』というデータや思い込みがあり、タメ口を使っても許してくれる人をターゲットにしていることが

タメ口を使う男性の中でもヤリモクを見極めるには、プロフィール写真の露出が多くないか、質問内容に性的な表現が多くないかを確認してください。

タメ口男性がヤリモクだった場合にはブロック機能などで、相手を避けることが正しい判断です!

タメ口男性とのやりとりが正解の場合も

競争率が低いのでライバルに悩まなくて済む

あなたと同じようにタメ口男性が苦手な女性は多いもの。反対にいうとタメ口に対する抵抗感さえ乗り切れば、隠れた狙い目男性と言えるわけです。

プロフィール写真の顔がよくて、年収も高くて、敬語が使えて……と、非の打ち所がない男性は多くの女性がマーク中。

こういった見るからにライバルが多い男性を狙わず、宝を掘り起こすようにタメ口男性をパートナー候補に入れたことで、スムーズにお付き合いまで進んだという人もいます

そしてタメ口男性にはライバルが少ないぶん、進展しても女性関連の悩みが少ないというメリットも。マッチングアプリでいい人に中々出会えないなら、タメ口男性も視野に入れてみましょう!

初対面の場が緊張しない

敬語とタメ口を比較すると、やはりフレンドリーになりやすいのはタメ口での会話。お互いタメ口に抵抗がない場合、話が盛り上がりやすくなります。

タメ口を使う男性は社交性があり、明るい性格の人が多い傾向に。そのため「初デートでも素を出しやすかった」とタメ口男性に好感を持った女性も

ほかの男性とはメッセージ交換が盛り上がらず、デートまでいかないということであれば、試しにタメ口男性ともやりとりを行ってみてください!

仲良くなりやすいので進展が早い

タメ口男性は距離を縮めるのが上手なため、サクサク関係が進みやすい傾向に。敬語での会話を続けている女性の中には「デートだけを繰り返していて進展がない……」と悩んでいる人もいます。

その点タメ口男性は早く気を許せる関係になりやすく、お付き合いまで進みやすいメリットが。

恋愛関係に発展することをゴールとしているならば、あなた好みのタメ口を使わない人を待つよりも、最初のタメ口だけを我慢して出会いのチャンスを活かしたほうが、ゴールに近づきやすくなります

どんなにいいところを知っても「タメ口を使う男性はムリ!」と思うならば、アプリ利用時に男性の質にこだわる対策をとりましょう!

下記の記事ではあなたにいいねを送れる男性を制限する機能など、マッチング前後でイヤな男性を回避する方法を紹介しています。

記事を参考に合わない男性とのやりとりは避けて、ストレスを減らしながらアプリを使いましょう!

マッチングアプリでタメ口を使う、ベストな割合とタイミング

マッチングアプリでタメ口を使う割合とタイミング
お相手に嫌悪感を抱かれないためには、タメ口の切り替えは会ってから行うのがベスト。会う前にメッセージだけの関係で、タメ口に切り替えるのは避けましょう。

しかし序盤のタメ口に抵抗はあるとしても、ずっと敬語で話し続けるのも堅苦しく、進展も遅くなってしまいます。

結論として敬語とタメ口は【使う割合と切り替えるタイミング】が適切かどうかが、あなたの好印象を維持して仲を深められるかの分かれ道です。

ここではいい印象を保ちながら相手と距離を縮めるタメ口の使い方と、切り替え方をご紹介します!

メッセージでは敬語とタメ口を織り交ぜる

タメ口に抵抗感を持つ人が多いとはいえ、敬語で、

美味しいお店をご存知なんですね。ぜひご一緒したいです。

と送っては、なんだかビジネスメールのようで堅苦しい印象になってしまいます。

さらに文章で『。』を使うと、あなたの感情が伝わりにくく、結果「俺に興味ないのかな?」とすれ違いが生まれる原因に。

メッセージ交換の中ではあなたの感情や好意を伝える、適度なスキルが必要です。

距離を縮めるメッセージのポイント

  • 敬語:タメ口の割合を徐々に7:3にする
  • ひらがなと絵文字は多めに入れる
  • 感想はタメ口を使う
  • 敬語はライトなものを選ぶ

たとえば20通目以降などある程度のやりとりをしている段階であれば、先ほどの文章の場合、

おいしいお店に詳しいんですね☺私も行ってみたい!

と、少しくだけても特に男性が気にすることもありません。特に「嬉しい!」や「楽しそう!」などの感想を伝える場合は、タメ口のほうが感情は伝わりやすくなります。

そして使う敬語の種類にも注意。同意したいときに「おっしゃるとおりです!」と送るよりも、

○○さんの言うとおりなんです!

としたほうが敬語であってもフレンドリーな印象になります。このようにメッセージの段階では馴れ馴れしくない程度に、ところどころタメ口を織り交ぜるくらいがちょうどいい割合です

メッセージ交換ではあなたの感情が伝わる言葉遣いで、お相手との距離を縮めましょう!

始めは堅い感じでも徐々に変化を出し軽い文章にすれば「少し気を許してくれているのかな」と男性が感じ、親近感を持つことでデートに誘ってくれる確率も上がります。

会ったときにタメ口へ切り替える方法

メッセージでのタメ口は織り交ぜる程度がベストな使い方ですが、会ったときにはタメ口で会話を行う人も多くなります。基本は会話がはずんだときに、タメ口へ切り替えるのが適切なタイミング

楽しい会話が続きお互い気が緩めば、お相手もタメ口も入り混じるはずです。男性がタメ口混じりになった場合は、合わせて同じ割合でタメ口を使うよう意識しましょう!

このように徐々にタメ口へ切り替わったときは深く考えることもありませんが、敬語が続くようであれば切り替えの提案を行ってみてください。

切り替えを提案するには相手との年の差によっても、どちらから告げるかが変わります。特に相手が年上だと「失礼だと思われないかな」と、考えこんでしまいますよね?

年の差ごとのタメ口への切り替え方

  • 相手が年上

➩相手のタメ口割合に合わせつつ相手の提案を待つ。


  • 相手と同じ年

➩敬語とタメ口の割合を7:3から徐々に5:5へ。相手の提案を待つor自分から提案。


  • 相手が年下

➩敬語とタメ口の割合を7:3から徐々に5:5へ。自分から提案。

男性が年上の場合は自然にタメ口になる流れを待つ、もしくは相手からの敬語をやめる提案を待つことがおすすめ。

あなたが男性と同じ年齢 or あなたが男性よりも年上の場合は、もう少し距離を縮めたいと思ったときに、あなたから男性にタメ口の提案してみましょう。

女性の場合は「タメ口」というワードを使うと品のない印象を与えることもあるため、

同じ年だし敬語やめませんか?

と敬語をやめることに対して提案する切り出し方がおすすめ。相手の男性が年下の場合には、

敬語使わなくてもいいですよー!なんだかお互い気を遣っちゃいません?

と、相手を気遣う言葉を入れて伝えてみましょう!

提案するタイミングは帰り際よりも当日の中盤あたり、盛り上がってきた段階で切り出すほうが仲を深めやすくなります。

適切な割合とタイミングでタメ口を使って、上手にお相手といい関係を結びましょう!

タメ口に抵抗があるときは、アプリを変えればタメ口男性は減る

タメ口に抵抗があるときは、アプリを変えればタメ口男性は減る
マッチングアプリはたくさんの男性と出会える一方、タメ口男性のように様々な性格の人がいるため「この人は合わない」と感じることもあるでしょう。

自分と合う男性が少ないと感じるなら、利用しているアプリがあなたに合っていない可能性があります。

あなたが求める理想の男性と出会いたいなら、まずは使っているアプリの目的と年齢層があなたに合ったものを選びましょう!

下記の記事では恋活・婚活向けマッチングアプリを厳選。アプリごとの目的や利用者の年齢層も紹介しています。

あなたに合うアプリを選んで、ストレスなくいい人に巡り合ってくださいね♪