費用を抑えて賢く婚活!コスパ良好な婚活で成功する方法

費用を抑えて賢く婚活!コスパ良好な婚活で成功する方法

婚活していくにあたって、出費はつきものです。

なにかとお金がかかり「気付けば婚活貧乏!」なんて話を耳にすることがあります。

多額の婚活費用をかけたからといって、婚活が成功するわけではありません。

いかに費用を抑えながら婚活をし、成功させるかが重要です。

ここでは、婚活費用について細かに解説していきます。

三浦 希枝

なににお金がかかるのか、どう費用を抑えるかを確認していきましょう!

目次

婚活でかかる費用は方法によって異なる

機能のイメージ

婚活で必要になる費用は、婚活期間婚活方法によって変わってきます。

平均婚活期間は半年から1年といわれていることから、その間は婚活費用と上手にやりくりしなければなりません。

無理なく婚活を続けるためにも、どのくらいの費用感かを知っておくと安心です。

三浦 希枝

婚活方法による費用感の違いについて次章で詳しく解説していきます。

方法別!婚活でかかる費用とは?

お金のイメージ

ここでは、婚活ツールとして代表的な

の3つについて、どのくらいの費用がかかるか比較していきます。

婚活期間は成婚までの平均期間である6カ月を想定して算出していますよ。

三浦 希枝

自分の予算にピッタリな婚活方法はどれか、確認していきましょう!

婚活アプリの場合

婚活アプリ「ユーブライド」を参考に、婚活アプリを使った際の費用感を計算していきます。

内訳

1カ月あたり

アプリ月額料金

4,500円

※スタンダードプラン

食事などデート代

10,000円

交通費

2,000円

美容代

10,000円

1カ月の合計費用 26,500円
半年間の合計費用 159,000円

月額利用料金だけで婚活できるのが魅力的なマッチングアプリ。

アプリによって月額料金は様々ですが、月4,000円くらいからが一般的な相場となっています。女性の場合は無料で使える婚活アプリも多いです。

男性も利用自体は無料でできるアプリが多いですが、使える機能は制限されてしまいます。

短期間の婚活で結果を求めるなら、しっかり課金して最大限便利な機能を活用しましょう

また、リアルで会いたいと思えた人とだけ会いにいくため、デート代や交通費も節約できます

三浦 希枝

婚活ツールの中でもっともコストパフォーマンスに優れた方法といえますね。

結婚相談所の場合

結婚相談所の大手IBJメンバーズのコース・料金を参考に、こちらも半年間の婚活期間の費用をみていきましょう。

内訳

1カ月あたり

(結婚相談所の初期費用)

181,500円

※エントリーコース

結婚相談所の月会費

17,050円

食事などデート代

10,000円

交通費

2,000円

美容代

10,000円

1カ月の合計費用 39,050円(初期費用別)
半年間の合計費用 415,800円(初期費用込)

結婚相談所は初期費用がかかり、マッチングアプリに比べると月会費も高額なのが特徴です。

さらにサービスが充実したプランになると料金も割高になるため、婚活資金に余裕のある人が取り入れられる方法といえます。

そこそこ費用はかかるものの、アプリよりもサポート体制が整っていて、信頼のおける男性と出会うことができるのは大きな魅力ですよね。

三浦 希枝

期間を決めて集中的に利用するのであれば、様々な婚活方法で長引いてしまうより節約できる可能性があります。

婚活パーティーの場合

ここでは、食事付の婚活パーティーの参加費用を一般的な相場である5,000円として計算していきます。

月に2回婚活パーティーに参加するとした費用感をみていきましょう。

内訳

1カ月あたり

婚活パーティー参加費用

10,000円

(5,000円×2回)

食事などデート代

20,000円

交通費

5,000円

美容代

10,000円

1カ月の合計費用 45,000円
半年間の合計費用 270,000円

マッチングアプリよりは割高で、結婚相談所よりは割安の費用感ですね。

特徴的なのは、婚活パーティー以外の出費が増加することです。

婚活パーティーで出会ったあと、交際に至るまでデートをする際に交通費やデート代がかかります

少しでも脈がありそうな男性と会うとなると、費用が想定よりかさむ月も出てくることでしょう。

まとまった費用をかけられないけれど、顔を合わせて出会いたい方に最適な婚活方法だといえます。

三浦 希枝

参加費無料の婚活パーティーは、本気度の低い若い女性が多く参加するリスクがあります。

参加料がかかっても、確実に婚活をしに来ている人のみのパーティーに参加するようにしましょう。

婚活費用をできるだけ抑えて活動する方法

金額を抑えるイメージ

まとまった金額を見ると、婚活には想像以上に多くの費用がかかるとわかったのではないでしょうか。

しかし、ただ節約だけを考えて婚活していては、理想の出会いを果たすことは難しいでしょう。

婚活を成功させることでかかった費用を「無駄じゃなかった」と思えるようになるためにも、婚活費用を抑えつつ成功させることが重要です。

婚活費用をできるだけ抑えて婚活する方法

の4種類あります。

どれもすぐに取り入れられる方法ばかりです。自分はなにを実践できそうか確認していきましょう。

三浦 希枝

自分が無理なく取り入れられる婚活方法を探してみてくださいね。

1.女性の参加費が割安な婚活パーティーに参加する

✐ポイント

多めの費用を払って参加しているため男性にハズレが少ない

婚活パーティーの会費には

  • 男女同じ設定
  • 男性が多く負担する設定

の2パターンがあります。

男性が多く負担する婚活パーティーには、多めの費用を払ってでも参加したいという前向きな男性が多い傾向にあります。

既婚者やヤリモク男といった大ハズレの男性がほぼいないため、とても期待できる婚活なのです。

参加料が少なく済んで、ダメ男とマッチする心配もない婚活方法といえるでしょう。

2.マッチングアプリを厳選して活用する

✐ポイント

最適な使用感で婚活できてコストパフォーマンス

はじめの数カ月のみ複数のマッチングアプリを使用して、使いやすいかどうか確かめてみるのがオススメです。

すでにマッチングアプリを複数使用している方は、最適な使用感のアプリのみを採用しましょう。

そうすることで、毎月格安の費用で多くの男性と繋がりをもてます。

条件面などを細かに設定できるので「絶対に無し」の男性と会う必要がなく、時間も費用も抑えられます。

3.オンライン結婚相談所を利用する

✐ポイント

自宅にいながら条件の合う男性とマッチできる

登録フォームから情報を入力し、証明書の送付もデータで完結するのがオンライン結婚相談所です。

希望の条件に合致する男性を紹介してもらえるのは従来の結婚相談所と同じですが、移動の必要が無く交通費が一切かかりません

ファーストコンタクトもリアルで対面せず、オンラインでの対面も可能となっているのでネット環境さえあれば利用できます。

登録料と会費だけで、デート代や交通費をかけずに婚活できるのです。

4.友人・知人からの紹介で出会いを得る

✐ポイント

利用料も手数料も一切かからない最強のコストパフォーマンス

友人や知人から紹介してもらうことで、実質なにも費用をかけずに出会えます。

ただ、紹介には限りがあるため自分の希望する条件かどうかは別問題と考えましょう。

純粋に費用を抑えるには最強ともいえる婚活方法です。

婚活費用を抑えながら成功するコツ

成功のイメージ

より費用を抑えて婚活するには、婚活方法に注意すること以外にも、いくつかコツがあります。

できることなら費用を抑えた婚活で成功させたいですよね。

余った婚活費用でまた別の有意義なことに使えるようになります。

もちろん、結婚資金として貯めたっていいんです!

三浦 希枝

どんな方法で婚活すれば費用を抑えられるのか、早速チェックしていきましょう。

短期間で集中的に婚活する

前の章で計算した通り、婚活費用は

婚活期間 × 婚活方法

で算出できます。

つまり、婚活期間が短ければ短いほど、婚活費用を抑えられるのです。

婚活は短期決戦のほうがよいと言われるのは、あまりコスト面がかからないというのも、ひとつの理由です。

短期間で集中的に婚活することで、まとまった費用がかかったとしても結果として出費を抑えられます

婚活が長引いている場合

もしも婚活が1年以上長引いているのであれば、なぜ長引いているのかを確認しましょう。

具体的に

  • 婚活そのものがゴールになってしまっている
  • 理想が高過ぎる
  • 婚活相手を具体的に描けていない

といった理由が挙げられます。

婚活がうまくいっていない原因に気付くことこそ、婚活費用を抑える方法なのです。

すぐに費用を抑えるのであれば、使っていない婚活ツールがないか確認を!

過去に利用していたものがそのまま登録されていて、会費を支払い続けている可能性があります。

条件に合致しなくても積極的に連絡をとる

マッチした現段階で自分の希望に合致していない男性相手でも、連絡をとってみましょう。

連絡しているうちに、相手のよいところに気付けるかもしれません。

また、条件面はお付き合いしていくなかで変化します。

段々と満たされていく条件があるので、まずは積極的に男性と連絡をとりましょう。

それこそ婚活成功への近道であり、婚活費用を抑えることにつながります。

助言が受けられる環境で婚活する

周りを冷静に見れないときに、助言が受けられる環境で婚活できていますか?

どんなに頑張って婚活していても、心が苦しくなった時はつい望ましくない対応をしてしまうものです。

いつでも自分を客観視できる第三者から助言を受けられる環境だと、スランプに陥らずに済みます。

スランプに陥るとなにをしても上手くいかず、精神と体力そして費用を消耗することになってしまいます。

ぜひ、助言が受けられる環境で婚活をするようにしてくださいね。

婚活費用を抑えて婚活を成功させましょう!

婚活費用はある程度かかると心得たうえで、余計な出費が無いようにしていきたいものです。

そのためには

  • 短期間で集中して婚活する
  • 婚活費用を抑えた活動をして出会う
  • 助言が受けられる環境を整える

といったことが必要だとわかりましたね。

自分の婚活にはなにが足りないか、逆に過剰となっているものがあるかを一度確認してみましょう。

三浦 希枝

婚活費用を抑えて、賢く婚活を成功させてください!