婚活で売れ残りになってしまう女性の特徴は?成婚のコツを紹介

婚活で売れ残りになってしまう女性の特徴は?成婚のコツを紹介

婚活市場で売れ残り状態に陥ってしまう人の多くは、気付かないうちに自己中心的な婚活になっています。

結果が出ずうまくいかない焦りで悪循環に陥った結果、売れ残り状態に陥ってしまうのです。

ここでは売れ残り状態になるのを未然に防ぐために

  • 売れ残りになってしまう女性の特徴
  • 売れ残り状態に陥った体験談
  • 売れ残りにならないためのコツ

を解説していきます。

三浦 希枝

どれも自分自身で改められることばかり!

婚活で売れ残りにならないよう、ここで特徴や対処法を把握しておきましょう。

目次

婚活で売れ残りになってしまう女性の特徴4つ

悲しむ女性

婚活で成功する人に特徴があるように、婚活で売れ残り状態になる人にも特徴があります。

婚活がうまくいかないのは、男性に「結婚を見据えた交際ができない」と思わてしまう理由があるからです。

自分の行動や考え方に見直すべきポイントがあるか確認しておきましょう。

三浦 希枝

特徴に当てはまったとしても、自分で改善することができるポイントばかりですので、安心してくださいね。

売れ残りになってしまう女性の特徴

理想が高過ぎる

理想が高過ぎると…

  • 出会える男性が少なくなる
  • 自信過剰な男性が寄ってくる

理想が高過ぎると条件に合う男性が少なくなります。

よって必然的に出会える男性の母数が少なくなり、婚活の進展が遅れてしまいます。

そして、気を付けたいのが寄ってくるのは自信過剰気味な男性になってしまうこと

身の丈に合った婚活ができていない見栄っ張りな男性とマッチし、時間を浪費することに…。

結局、関係性を進展させられず、気付けば売れ残り状態になってしまうのです。

三浦 希枝

理想が周囲よりも高望みになっていないか、冷静に一度考えてみましょう。

プライドが高い

プライドが高いと…

  • 一人でも大丈夫そうに見える
  • 将来なにかと苦労しそうだと思われる

「わたしなんか…」と卑屈な女性も魅力半減ですが、あまりにプライドが高いのも問題です。

いつでも自信満々な姿や態度だと、男性に「俺は必要ないか」と思われてしまいます

せっかくいいなと思ってくれた男性でも、プライドの高い女性との生活を思い描くと厳しいなという印象を受け、フェードアウトされる可能性も。

プライドは自分を強くしてくれる半面、全面に押し出し過ぎると出会いの幅を狭めることになるため気を付けましょう。

三浦 希枝

プライドが高くても婚活は成功しないと心得て、男性の前で全面に押し出さないように!

受け身になっている

受け身になっていると…

  • 本気で婚活しているのか疑われている
  • 興味がないのかな…と好感をもってくれた男性が引いてしまう

相手から声をかけてくれるのをただひたすらに待っていると、関係を進展させるチャンスを逃してしまいます

せっかく好感をもってくれた男性が、あなたの消極的な態度によって「脈ナシか…」と去ってしまうことに。

自己アピールには勇気が必要ですが、ここぞというときは積極的に行動を起こす必要があります。

ただ婚活の場に足を運ぶだけでは「本気で婚活しているのかな」という印象を男性に与えてしまうことにもつながるので気を付けましょう。

三浦 希枝

自分で「これだけは積極的にやる!」とあらかじめ決めておくと、そのタイミングがきたときに思い切って行動できます!

家事力が乏しい

家事力が乏しいと…

  • 家事をしなくて済む環境で育ったと思われる
  • 男性が一緒の将来を思い描けないため寄ってこなくなる

婚活で家事力はアピールポイントというより、ある程度できて当たり前だと思われています。

よって、家事力が乏しいと「家事やってきてないのか…」とマイナスイメージになってしまいます。

家事ができない女性との将来を思い描けないと感じる男性も多く、出会いを遠ざける要素になると覚えておきましょう。

三浦 希枝

家事力はやればやるだけ身についてきます。

一通り問題無くできる程度まで自分で努力し改善していくと良いですね。

なぜ婚活で売れ残りになってしまうのか

はてなマーク

売れ残り状態になった女性達は、一体どんな婚活をしていたのでしょうか。

売れ残り状態に陥った女性たちは、婚活を成功させたいという気持ちは同じなのに、自己中心的な婚活になっていたという共通点がありました。

実際に売れ残り状態になった女性たちの体験談から、問題点を見つけ具体的に解説していきます。

婚活で売れ残ってしまう女性の共通点

現実をみれなくなっていた

自分が売れ残っているのは気付いていたのに、現実逃避気味でした。

 

もっと条件を見直すべきだと結婚相談所の担当者には言われていたんですけど、現実をみれなくて。

 

条件を下げてたまるか!理想は理想だ!みたいに意固地になってました。

 

(30代女性・会社員)

【問題点】

  • 条件が世間離れしているにも関わらず、現実をみなかった
  • 条件を見直すべきだというアドバイスを素直にきけなかった

地に足をつけて婚活していくには、現実の温度感や状況を随時感じ取っていく必要があります。

しかし、この女性は自分の理想を決して譲らず、世間離れしているにも関わらず高望みし続けてしまったのです。

また、見直すべきだとアドバイスしてくれた担当者の意見もきかず、意地になってしまったのも成功が遅れた原因といえます。

三浦 希枝

いつでも現実を見ながら、冷静に婚活できるようになりたいですね。

自分最優先の考えにとらわれていた

人から頼られたり相談されても、自分のことで精いっぱいで結構冷たくしちゃってました。

 

なのに、婚活での愚痴とかは聞いて聞いてって言ってました。

 

性格悪すぎですよね。でも、当時はもういっぱいいっぱいでした。

 

自分を一番大事にしたいって思って日々過ごしていたら、気付けば売れ残り組。辛かったー!

 

(30代女性・家電量販店勤務)

【問題点】

  • 人から相談されても相手にせず冷たくした
  • 自分の愚痴や不平不満は人に積極的に話した

完全なる自己中心的な暮らしをしていた…という後悔体験といえます。

友人を大事にできないような人は、婚活で出会った男性にも優しくはできません

できたとしても一時的な優しさで、すぐに見破られてしまうことでしょう。

三浦 希枝

自分が大事なのと、自己中心的なのは別!

人への行いは自分に返ってくると心に刻んでおきましょう。

嫉妬心でいっぱいになっていた

わたしのほうが可愛いのに、そんな可愛くもないような子が婚活パーティーでマッチングしてることが結構あって。

 

友達が婚活うまくいって彼氏できたときも、素直に祝福してあげられなかった。

 

嫉妬で心がいっぱいで、なんか腹が立つというか…自分はこんなに頑張っているのに報われなくて面白くない気持ちでしたね。

 

今思えば、そんな女こそ可愛げなくって…婚活うまくいかなくて当然ですよね。

 

(30代女性・看護師)

【問題点】

  • 周囲の幸せを素直に喜んであげられなくなっていた
  • 嫉妬心でイライラしていた

素直さが無くなると、余裕もなくなり婚活がうまくいかなくなります。

人の幸せを素直に喜んであげられなくなるのも、心に余裕がない証といえるでしょう。

そんな状態で婚活に臨んだところで、イライラは態度や言葉の端々に表れてしまい上手くいかないのです。

三浦 希枝

人の幸せを素直に祝福できるような気持ちで、心に余裕をもって婚活していきましょう!

婚活で売れ残りにならないためのコツ5つ

元気な女性たち

婚活がはじめからうまくいく人は、ほんの一握り。

多くの女性がうまくいかないと悩みながら、改善できるところや気を付けるべきところを意識して婚活に励んでいるのです。

そういった努力をしないと、婚活では売れ残り状態になってしまうので注意が必要です。

婚活で売れ残りにならないためのコツ

この5つの要素をしっかりふまえて婚活できるよう、細かに解説していきます。

プライドを押し出さない

婚活をはじめる時期は、自分の価値観が固まり始める大事な時期でもあります。

プライドは最低限必要ですが、全面的に押し出すものではありません。

プライドが高い女性の代表的なパターンは下記のとおり。

  • 自分からお見合いやデートのお申し込みができない
  • 相手からくるのを待っていて、基本的に「そっちから来るべきでしょ」というスタンス

これらには、申し込みをしてお断りされるのが怖いという心理が根深いところにあります。

実はプライドが自分の自由を奪っていると気付き、自分に素直になっていくことが大事です。

自分に非があると認めず「いい人がいない」と言っていると、売れ残り状態になってしまうのです。

✐ 婚活ワンポイント

断られるのを 怖がらず、お断りは経験値だと思って自分から誘うようにする

婚活そのものを目的にしない

ただ漠然と婚活している人は「婚活している自分」に満足してしまい、気付いたら売れ残りになっているというパターンが多々あります。

婚活を成功させてどうなりたいのか、具体的に思い描くことからはじめましょう。

例)婚活を成功させてどうなりたいのか?

→パートナーと支え合って生きていきたい

→毎日ささやかな幸せを感じて過ごしたい

→できれば子供も欲しい

etc…

さらに、結婚することだけがゴールではなく、幸せな結婚生活を続けることがゴールであって、婚活はその入り口付近なだけという意識をもつことが重要です。

ただ単に「婚活をしているからいいや」という気持ちでいると、売れ残り状態濃厚なので気を付けましょうね。

✐ 婚活ワンポイント

婚活している自分に酔わないで、なにが目的かを具体的に描く

交際の条件を見直す

出会ったあと、交際に至るまでの条件を定期的に一通り見直すことをオススメします。

婚活で売れ残り状態にならないためには、純粋に出会う男性を増やすのと同時に、出会った男性と親密な関係になっていかなければなりません。

時間が経てば、自分の価値観も変わっていくことでしょう。

出会う際の条件とは別に、交際してもいいかなと思う条件についても世間ズレしていないか設定しなおすようにしてください。

✐ 婚活ワンポイント

条件の見直しを随時行い、世間ズレしないようにする

自尊心を保つ

自信満々過ぎても問題ですが、ネガティブマインドだと婚活はうまくいきません。

せっかく出会ったとしても、自虐発言ばかりでは男性もつまらないと感じ去っていってしまいます。

自己肯定感を高め、自尊心を保つことが重要です。自分に自信が無いとしても、

どうせ私なんて…

と言葉にするのはNG!

言霊ともいい、発した言葉がそのまま結果に繋がることだってあります。

自分を認めること、ハードルを下げてクリアできる目標を細かに設定していくことで、「できた自分」を積み重ねて自信をつけていきましょう。

✐ 婚活ワンポイント

婚活のハードルを下げ、クリアできることを増やして自己肯定感を高める

友達関係を整理する

婚活に悩んだときやつまづいたとき、友達はどんな反応をしますか?

① 的確なアドバイスをくれて時に辛辣な意見もくれる

② 心の傷を舐め、ただひたすらに優しくしてくれる

婚活においては、②のような傷の舐め合いが売れ残り状態につながると心得ておきましょう。

励まし合い、前向きでいられる友達をもてば、いつでも明るい気持ちでいられます。

愚痴をこぼしてばかりの婚活より、前向きな婚活をしているほうが自分自身も楽しめますよね。

自然体で楽しめている自分自身が一番輝いていますから、その姿を婚活で発揮できるようにすればOK!

✐ 婚活ワンポイント

傷を舐め合うだけの友達ではなく、励まし高め合える友達と関わる

売れ残り女にならないような婚活をしよう

たくさんの女性が婚活をしていくなかで、様々な苦労をしていることがわかりました。

売れ残りという状況にならないためには、自分の気持ちと向き合う必要があるのです。

周囲ばかりに気をとられず、自分の魅力が最大限に出せるように素直になりましょう。

三浦 希枝

今回解説したコツを踏まえ、自分が売れ残り状態に陥らず、婚活を成功させてくださいね。

Meeeet公式メールマガジン『えむまが』

Meeeet公式メールマガジン 恋愛婚活コンサルタント菊乃監修


  • 1,000人以上から相談を受けてきた恋愛婚活コンサルタント菊乃さん監修!
  • 菊乃さんの完全オリジナル音声コンテンツを登録者限定でプレゼント中!
  • 無料で婚活に役立つ情報をGET!

Meeeet公式メールマガジン